LINEの出会いは危険?出会える方法とリスクを調査してみた

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

スマホやPCから、友人と気軽にチャットを楽しめるLINE。

総務省の公開した『令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書』によると、10代から50代におけるLINEの利用率は90%を超えており、もはや私たちの生活に欠かせないツールとなりました。

そんなLINEを日常的に利用しているうちに「LINEから出会いに発展する方法はないかな?」と考えてしまうのは自然なことかもしれません。とはいえLINEの出会いは安全なのか、そもそも出会えるのかわかりませんよね。

そこで今回は「LINEと出会い」について、男女300名に対してアンケートを実施しました!

当記事では、主に下記のポイントに焦点を当てて情報をまとめています。

  • LINEで恋人ができたことはある人はいる?
  • そもそもLINEで恋人を探している人は多い?
  • LINEでどうやって出会う?

当記事ではLINEと出会いの実態調査を踏まえ、その危険性やリスクについても詳しく解説していきます。

出会い目的のLINE利用はOK?規約を確認してみた

出会い目的のLINE利用はOK?規約を確認してみた

LINEをはじめとするSNSでは、出会い目的での利用が禁止されていることがあります。そこではじめに、LINEの規約をふまえながら、LINEを利用するうえでのルールやリスクを確認しましょう。

SNS名LINE
運営会社LINE株式会社
国内利用者数約9,000万人
利用者が多い年代20代
男女比男性約35%、女性約65%
LINE基本情報

出会い目的のLINE利用は規約で禁止されている

LINEの規約を確認すると、下記のとおり出会い目的での利用が明確に禁止されていました。

13.8. 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない第三者との出会いや交際を目的とする行為、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為

出典:LINE 利用規約・13. 禁止事項

LINEは、もともと面識のあるユーザー同士のコミュニケーションを目的としたツールです。

面識のない人にいきなりコンタクトをとると利用規約に違反することになり、事前の通知なくアカウントが停止となる恐れがあります。下記の通り定められています。

14.2. 当社は、お客様が以下のいずれかに該当する場合または該当するおそれがある場合、あらかじめお客様に通知することなく、本サービスの全部または一部の利用の停止、アカウントの停止または削除、本サービスに関するお客様と当社との間の契約(本規約に基づく契約を含みます。以下同じ。)の解除その他の当社が必要かつ適切と合理的に判断する措置を講じることができます。

出典:LINE 利用規約・14. お客様の責任

LINEには身分証の確認がない

LINEでアカウントを作成するにあたって、身分証の確認はありません。言い換えると、悪質な業者や勧誘目的の団体など、「誰でも」簡単にアカウントを作れてしまうのです。よって利用者側で自衛する意識が大切です。

またアカウント作成後のプロフィール写真も、個人で自由に設定できます。アプリなどで過度に加工されているだけでなく、まったく別人の写真が使われていることもあるかもしれません。写真だけを見て「かわいい」「かっこいい」などと連絡を取ってしまうと、いざ会ったときにまったくの別人が出てくる可能性も十分に考えられます。

またLINEの公式ブログによると、LINEの利用推奨年齢は12歳以上に設定されています。しかし実態としては、アカウント作成時に年齢確認はなく、18歳以下の未成年でも気軽にアカウントを作成できてしまいます。

未成年が年齢を偽って出会いを探す可能性も考えられますから、思わぬトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

LINEで出会いを探すのは、基本的にまったくおすすめできない行為です。

LINEと出会いの実態調査。結婚した人はいる?

LINEと出会いの実態調査。結婚した人はいる?

ここからは、LINEと出会いに関する調査結果をお伝えしていきます。

調査概要

  • 調査期間:2022年8月17日〜2022年8月18日
  • 調査機関:ENSPORTS(https://www.ensports.com/)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:男女300名
  • 有効回答数:300(全300回答)
  • 調査データ:[PDF document 67kb]

今回の調査で明らかになったのは、下記3点です。

  • LINEで恋人を作ったことがある人は3%
  • LINEで出会いを探したことがある人も3%
  • LINEで意気投合したら会うかもしれないと回答したのは43%

また回答の比率については、男女で大きく異なることも分かりました。回答者のレビューも踏まえながら、LINEと出会いの実態について解説します。

LINEで恋人を作ったことがある人は3%

はじめに「LINEで恋人ができたことはあるか」とお聞きしたところ「ある」と回答したのはわずか9人(3.0%)のみでした。

男女比を比較すると、下記のとおり男性の方が割合が多い結果になりました。

  • 男性:107人中5人(4.7%)
  • 女性:193人中4人(2.1%)

また今回の調査では、LINEでの出会いから結婚に至った例は見つかりませんでした。そもそも「LINEで出会う」こと自体が難しく、職場が同じで「LINEをきっかけに」などの状況になります。

20代男性の意見

20代男性の意見

同じ職場で緊急連絡先で電話番号を登録したらラインが追加されてて、そこから出会いが始まった。

30代女性の意見

30代女性の意見

LINE以外の趣味のwebサークルの異性と仲良くなってお付き合いしたことがあるので、ありだと思います。ただ、リスクはあると思うので慎重に相手を見極めないといけないと感じます。

LINEで出会いを探したことがある人は3%

続いて「LINEで恋人を探したことはあるか」とお聞きしたところ、こちらも「ある」と回答したのは10人(3.3%)のみに留まりました。

多くの人が日常的に利用しているLINEですが、やはり「出会いの場」と考えている人は少ないことがわかります。

また男女の割合を比較すると、男性の方がやや高い結果となりました。「LINEで恋人ができたことはある?」という質問と比べて、ほぼ変わらない結果です。

  • 男性:107人中5人(4.7%)
  • 女性:193人中5人(2.6%)
30代女性の意見

30代女性の意見

今やLINEはほとんどの人が使っている連絡ツールなので、他のネットアプリと違って安心感があります。メッセージのやりとりもほとんどラグなしで行えるので、気が合う人と出会えればLINEで出会う事については全然ありだと思っています。

LINEで意気投合したら会うかもしれない人は43%

最後に「LINEで繋がった人と実際に会う可能性はあるか」とお聞きしたところ「ある」と回答したのは129人(43%)にのぼりました。

また男女比に大きな差があり、女性はことさら慎重に考えていることがわかりました。

  • 男性:107人中65人(60.7%)
  • 女性:193人中64人(33.1%)
20代女性の意見

20代女性の意見

LINEと出会いというイメージがあまりないのが印象です。近年ではマッチングアプリの方が安心して出会える気がします。

30代女性の意見

30代女性の意見

LINEであれば簡単に個人情報などを偽ることができるため、あまり出会いの場としては向いていないのではないかと思いました。

LINEで出会いを探す危険性とリスク

LINEで出会いを探す危険性とリスク

LINEで出会い探しをすると、思うように異性に出会えないどころか、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうリスクもあります。

可能性として考えるトラブルを、3つご紹介しておきます。

  • 怪しいアカウントやアプリに誘導される
  • 個人情報が流出する
  • LINEアカウントが凍結される

怪しいサイトやアプリに誘導される

誰でも気軽にアカウントを作成できるLINEでは、出会い系サイトに誘導するようなアカウントや、アダルト系アカウントも活動しています。

とくにアイコンにアダルト的要素が強い写真を載せている場合は、誘導目的のアカウントである可能性が考えられます。

上記のようなアカウントから急にともだち申請が来たとして、不用意に許可して連絡を取ると、悪質なサイトやアプリなどに誘導されてしまう可能性があります。

個人情報が流出する

悪質なアカウントとコンタクトを取ってしまった場合、個人情報を特定されてしまう可能性もあります。例えばLINEと他のSNSアカウントを連携していると、別のSNSアカウントに記載している個人情報まで知られる懸念があります。

SNSの連携機能は便利なのですが、個人情報の管理は慎重にしておくことをおすすめします。

そもそも知らないアカウントの申請を許可するのは避けましょう。

LINEアカウントが凍結される

悪質なアカウントに目をつけられると、アカウントをのっとられるリスクも考えられます。アカウントをのっとられたうえで不正利用されれば、LINE運営側からアカウントを凍結されてしまうかもしれません。

LINEのアカウントは、一度凍結すると復元することはできません。登録していた友人の連絡先も失いますし、またそれらの連絡先を流出させてしまうことにも繋がる可能性があります。

4.5. お客様の本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。お客様が誤ってアカウントを削除した場合であっても、アカウントの復旧はできませんのでご注意ください。

出典:LINE 利用規約・4. アカウント

LINEで「出会える」と言われる3つの方法と危険性

LINEで「出会える」と言われる3つの方法と危険性

LINEで出会えると言われている方法には、それぞれ危険性もはらんでいます。

具体的な方法をもとに、LINEで出会う危険性について解説していきます。

  • LINE掲示板やアプリを利用する
  • オープンチャットやVOOMを利用する
  • TwitterからLINEへ誘導する

LINE掲示板やアプリを利用する

LINE掲示板

LINEで出会いを探せる場所としては、LINE掲示板が有名ですが、利用することはおすすめできません。

ここは誰でも無料でLINE友だちを募集できるサイトで「性別」「都道府県」から検索する仕組みになっています。

たとえば「女性」「東京都」で検索すると、下記のような「業者」とみられる友だち募集のメッセージがたくさん出てきました。

LINE掲示板
危険な投稿例

ここで募集している投稿は、ほとんどが業者や誘導アカウントですから、LINE掲示板から出会いを探すのはまったくおすすめできません。掲示板には本人確認もなく、誰でもなりすましができますから、あきらかに危険です。

またスマホのアプリストアで「LINE掲示板」と検索すると、さまざまなアプリがでてきます。

その多くはアプリ上で仲良くなった人とLINEを交換できるような仕組みになっていますが、少なくとも本人確認のないアプリやサイトで出会いを探すのは危険ですから、避けることをおすすめします。

オープンチャットやVOOMを利用する

LINEで出会える場として、オープンチャットやVOOMも有名です。

しかしLINEの規約で出会い目的の利用は禁止されていますから、出会いを探すような活動をすると、アカウント凍結のリスクがあります。

LINEオープンチャットの画面
オープンチャット
LINE VOOMの画面
VOOM

「オープンチャット」とは、共通の趣味をテーマにしたチャットグループのこと。ジャンルは音楽や料理など幅広く、グループ参加者はテーマについて自由に発信できます。

好きなアーティストが一緒、住んでるエリアが一緒などの共通点があれば、はじめての人でも会話が弾みやすいため、不特定多数の人と仲良くチャットができるシステムです。

もう一つの「VOOM」は、LINE上でショートムービーを公開できるシステムです。「LINE専用のTik Tok」と考えるとわかりやすいかもしれません。

これらのサービスから友人と出会える可能性はありますが、本人確認もない匿名システムですから、まず自衛を意識することをおすすめします。

他のSNSからLINEへ誘導

他のSNSで、恋人や遊び相手を募集するアカウントを探し、連絡をとってLINEに誘導するような出会いの手法もあります。

どちらにしても、本人確認のない場所で繋がった関係性はあまりおすすめできません。

例えばTwitterでは、その時々でさまざまな出会い関連のハッシュタグが流行りますが、その多くは収益を上げるための釣りアカウントです。

危険ですから、別のSNSからLINEに誘導する・されるような出会い方もおすすめできません。

LINEで出会った相手との連絡をやめたいときの対処法

LINEで出会った相手との連絡をやめたいときの対処法

最後に、LINEで出会った相手との連絡をやめたいとき、関係を断ちたいときの対処法を解説します。

ブロックする

トラブルが起きたときにまず行うべきが「ブロック」です。相手からのメッセージが一切表示されなくなり、LINE上では一切の連絡を取れない状態にできます。

相手をブロックしたいときは、まずチャット画面の右上にある三本線をタップしてアカウント画面を表示します。その後、右下の「ブロック」をタップしましょう。

LINEでブロックする手順解説画像

これだけで、相手は自分にメッセージを送れなくなります。

通報する

LINEで悪質なアカウントと遭遇してしまった際は、LINE運営に通報することもできます。通報したことによって、LINE運営側が不正アカウントと判断すれば、アカウントが凍結される可能性もあります。

まずはブロックするときと同様に、チャット画面から三本線をタップ。下部にある「その他」を選択します。

LINEで通報する手順解説画像

画面が変わったら、一番下の「通報」をタップ。

LINEで通報する手順解説画像

これだけで、LINE運営側に不正アカウントを通報できます。

まとめ:LINEで出会える可能性はきわめて低い

LINEは便利なチャットツールですが、出会いを探す用途には向いていません。

むやみに出会いを探すと悪質なアカウントに遭遇することもありますし、そもそも利用規約で禁止されていますから、アカウント凍結につながる可能性もあります。

やはり真剣に出会いを探すなら、本人確認があって登録者全員が真面目に相手を探している「マッチングアプリ」がおすすめです。

効率よく素敵な出会いを探すためには、マッチングアプリをうまく活用してみてください。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る