Twitterに出会いはある?成功率・出会い方・危険な体験談を調査してみた

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

日本だけでも約4,500万人が利用していると言われるTwitter。

それだけ多くの人が利用していれば「もしかして素敵な出会いはないかな?」と淡い期待を抱いてしまいまうのも当然です。

そこで今回は「Twitterと出会い」について、300名の男女にアンケート調査を実施しました!

当記事では、主に下記のようなポイントに焦点を当てて調査結果をまとめています。

  • Twitterで恋人ができたことがあるのは何%?
  • そもそもどれくらいの人がTwitterで恋活している?
  • Twitterで危ない目に遭ったことがある人はいる?

Twitterは不特定多数の人が利用するため、悪質なアカウントが存在するのも事実です。「出会い」目的で利用する際は、ぜひ慎重に活用してください。

今回はそんな「Twitterと出会い」について、詳しく解説していきます。

出会い目的のTwitter利用はOK?利用規約を確認してみた

出会い目的のTwitter利用はOK?利用規約を確認してみた

SNSの中には、出会いを目的とした利用が禁じられているサービスもあります。そこでまずは、Twitterで出会いを探しても良いのか利用規約を確認してみました。

結論から言えば、Twitterの利用規約には出会いを禁止する明確な規約はありません

ただし「自己責任」が強調された一文があります。

利用者は、本サービスの利用により、不快、有害、不正確あるいは不適切なコンテンツ、または場合によっては、不当表示されている投稿またはその他欺瞞的な投稿に接する可能性があることを、理解しているものとします。

引用:Twitterサービス利用規約

Twitterで出会いを探すことは問題ないものの、悪質なアカウントが存在する可能性を理解したうえで、自己責任で利用することがルールとして定められています。

この点は理解したうえで、Twitterを活用していってください。

SNS名Twitter(ツイッター)
運営会社Twitter, Inc.
国内利用者数約4,500万人
利用者が多い年代20代
男女比男性約30%、女性約70%

Twitterと出会いの実態調査。結婚した人はいる?

Twitterと出会いの実態調査。結婚した人はいる?

ここでは、Twitterと出会いに関する調査結果をお伝えしていきます。

調査概要は、下記の通りです。

調査概要

  • 調査期間:2022年8月1日〜2022年8月2日
  • 調査機関:自社調査
  • 調査対象:男女300名
  • 有効回答数:300(全300回答)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査データ:[PDF document 68kb]

今回の調査で明らかになったのは、下記3点です。

  • Twitterで恋人を探したことがある人は8%
  • Twitterの繋がりから会うかもしれない人は56%
  • Twitterで恋人を作ったことがある人は6%

実際に寄せられたレビューを元に、Twitterにおける出会いの実態について紹介していきます。

Twitterで恋人を探したことがある人は8%

はじめに「Twitterで恋人を探したことはあるか」とお聞きしたところ「ある」と回答したのはわずか24人(8.0%)でした。

  • 男性:124人中18人(14.5%)
  • 女性:176人中6人(3.4%)

Twitterを日常的に利用している人でも、実際に出会いの場として活用している人はきわめて少数派だとわかりました。

また、実際に探したことがあるのはほとんどが男性ということで、女性がTwitterで出会いを探すのはことさら少数派です。とはいえそこまで否定的に考えている女性が多いわけではなく、あえて出会いを探す女性は少ないということです。

20代女性の意見

20代女性の意見

マッチングアプリなどの出会いよりもカジュアルに気の合う人だけ会うことができ、恋人にならなくても友達という選択肢もあるところがTwitterならではだと思います。日常生活での出会いにより近いです。

30代女性の意見

30代女性の意見

Twitterは情報発信をしている方の私生活が色濃く反映されており、相手の素性などを把握したうえなら安心して出会いを求めるのに使えるツールだと思います。

Twitterの繋がりから会うかもしれない人は56%

一方で「Twitterで意気投合したら会う可能性はありますか?」とお聞きしたところ、全体の168人(56.0%)が「ある」と回答しました。

  • 男性:124人中94人(75.8%)
  • 女性:176人中74人(42.0%)

こちらも男性の方が「ある」と回答した割合は高くなりましたが、女性もそれなりに好意的です。自然発生的な流れであれば、Twitterで出会える可能性はありそうです。

とくに10代や20代の世代では、Twitterを介して会うこと自体に抵抗感は少ない傾向にありました。

20代女性

20代女性

Twitterを通じて友人になった人と実際に会ったことがありますが、Twitterのネタで結構盛り上がれたので楽しかったです。

10代男性

10代男性

たまたま意外な人と近所だったりすることもあってそういう時は面白いと思います。

Twitterで恋人を作ったことがある人は6%

また「Twitterで恋人ができたことはありますか?」と質問したところ「ある」と回答したのは18人(6.0%)に留まりました。

  • 男性:124人中8人(6.4%)
  • 女性:176人中10人(5.6%)

18人の内訳は10代が1名、20代が10名、30代が7名で、やはり20代と30代に多いことがわかります。また男女比をみると、恋人ができた割合は男女でそこまで変わらない結果となりました。

中には、Twitterで出会った人と結婚に至ったという声もありました。

趣味や性格の合う人と出会えれば、Twitterから結婚に発展するのは不可能ではないようです。

30代女性

30代女性

私はミュージカルオタクで、ひとつの演目を全通する程通い詰めていました。ある時、席番号で前公演のDVDが当選するイベントがありました。当選番号は自分のふたつ左の席。悔しいと思い、帰り道にツイートをみていると、DVD当たったと呟いてる人がいました。羨ましい!と思い、話しかけたら話が合い、気付けば付き合い、同棲し、結婚しました。なので、恋人を探していなくても出会える時は出会えるんだと思います。

20代女性

20代女性

Twitterでは自分の趣味に合った界隈があるため、気の合う人と簡単に出会うことが出来るツールだと思っています。実際友達も何人かでき、そのうちの一人とお付き合いし結婚もしました。もちろんネット上であり危険もあると思うので使い方には注意が必要と思いますが、危険性を理解しながらも気の合う人たちと出会い仲良くなれる良いコミュニケーションツールだと思います。

Twitterが出会いに向いていない3つの理由

Twitterが出会いに向いていない3つの理由

今回のアンケート調査で判明した通り、Twitterで恋人を作るのはけっして簡単ではありません。

その背景としては、Twitterならではの以下の3つの特性が挙げられます。

  1. 出会い目的のユーザーが少ない
  2. コンタクトをとってから会うまで時間がかかる
  3. なりすましアカウントが多い

1. 出会い目的のユーザーが少ない

そもそもTwitterは、出会いを目的としたツールではありません。あくまで個人の日常や思ったことをつぶやくためのSNSであり、出会い目的で利用する人はごくわずかです。

そのため、出会い目的で不特定多数の人にメッセージを送ると、他のユーザーから引かれてしまう可能性が高いといえます。

2. コンタクトをとってから会うまで時間がかかる

Twitterで相手とコンタクトをとる方法としてDM(ダイレクトメッセージ)がありますが、見ず知らずの人にいきなりDMを送ると敬遠されがちです。

広告やいたずらなどと思われてスルーされるだけでなく、悪質ユーザーとして通報されてしまうリスクまで考えられます。

Twitterで良好な関係を築くには、リプライなどを活用して徐々に距離を縮めていくことが大切ですが、時間をかけてDMを交換する関係性になったとしても、実際に会える確率はけっして高くありません。

3. なりすましアカウントが多い

Twitterでは顔写真やプロフィールを自由に設定できるため、なりすましアカウントが多いのも事実です。たとえ顔写真をみて「この人いいな」と思っても、いざDMを送ったら業者だった……というケースも考えられます。

なりすましアカウントと連絡を取ってしまうと、個人のLINEアカウント交換を迫られたり、商材に誘導されたりといったリスクがあります。

焦って出会いを探している人ほど、そんなアカウントに引っかかってしまいやすくなるかもしれません。

Twitterで出会うリスクと注意点

身バレの可能性も!Twitterで出会うリスクとは?

ここまで解説してきた通り、Twitterは出会いを探す場としては向いていません。

それどころか、出会い目的でTwitterを利用すると、以下のように思わぬアクシデントに巻き込まれる可能性があります。

  • 「出会い厨」として嫌われる可能性がある
  • 「釣り」で遊ばれる可能性がある
  • 個人情報を特定される可能性がある
  • 犯罪に巻き込まれる可能性もある

「出会い厨」として嫌われる可能性がある

出会い目的のTwitterユーザーは「出会い厨」と呼ばれ、他のユーザーから嫌われる傾向にあります。

DMを無視されるだけならまだしも、場合によっては「この人、出会い厨だから注意してください」と晒されてしまうこともあり、そうなると自分のアカウントの信頼性を大きく下げることになります。

「釣り」で遊ばれる可能性がある

Twitterユーザーの中には、出会い目的のアカウントにわざと接近して、適当なやりとりを楽しむ人がいます。

こうした行為は「釣り」と呼ばれ、中にはデートの約束をし、相手が来ずに困っているユーザーを見て楽しむという悪質なケースもあるようです。

個人情報を特定される可能性がある

Twitterで悪質なアカウントに接触してしまうと、最悪の場合個人情報を特定される可能性があります。普段の投稿から氏名、住所、勤務先などを特定され、個人情報をネット上に晒されてしまうというケースも少なくありません。

Twitterには、個人の特定によって報酬を得る「特定班」が存在し、社会問題にもなっています。

日常生活に支障を出さないためにも、悪質なアカウントには十分に注意が必要です。

犯罪に巻き込まれる可能性もある

Twitterでは他のユーザーの実年齢を知ることができません。

中には年齢を偽って出会いを求めている未成年がいることも考えらえれますが、未成年と成人が会うとトラブルに繋がります。

罪に問われることもあり、そうなると社会的信頼を失う可能性すらあります。

Twitterで自然に出会う方法

Twitterで健全に出会う方法

Twitterで出会いを探すリスクを承知したうえで「それでもTwitterで出会いを探してみたい!」と思ったなら、できるだけ自然な流れで交流していくことをおすすめします。

じっくりとコミュニケーションを取っていくことで、悪質なアカウントを自然と排除することにも繋がります。

急に「会わない?」などとDMを送るようなことはせず、できるだけ「自然な流れ」で距離を縮めていきましょう。

下記4ステップで進めていってください。

  1. フォローする
  2. リプライで積極的に絡む
  3. DMで二人の秘密を共有する
  4. オフ会に誘う

1. 気になるアカウントをフォローする

Twitterの関係性は、まずフォローするところから始まります。

何か共通点のある方、同じような趣味の方などの中から気になるアカウントをフォローし「いいね」や「リプライ」でちょっとしたコミュニケーションをとっていきましょう。

相手からリフォローがあれば、相手からも認識してもらえた証となります。

2. 積極的にリプライして絡む

Twitterで仲良くなるには、積極的にリプライ(コメント)していくことが大切です。いいねを送っているだけでは、いつまで経っても仲良くなれません。

ちょくちょくリプライしていると、次第に自分のつぶやきにもリプしてくれることが増えてくるはずです。

そうやって少しずつコミュニケーション量を増やしていくことが、Twitterの出会いにおいて大切なことです。

ただし突然距離を詰めようとすると嫌がられますから、そこは基本的な人付き合いと同様に、適度な距離感を心がけましょう。

3. DMで二人の秘密を共有する

リプライを重ねて相手との関係が築けてきたら、なにかのきっかけでDM(ダイレクトメッセージ)を送ってみましょう。

リプ欄では会話しにくいことなどをDMで話すと、より秘密を共有しているような雰囲気になって距離が近づきます。

リプ欄にも書けるようなことをDMしても、相手からすると不自然ですから、あくまで「二人だけの秘密」にしたい話題を作ってDMを楽しんでみてください。

4. オフ会に誘う

日頃からリプ欄やDMでコミュニケーションをとっていき、自然と仲良くなって信頼性を築ければ、オフ会をすることにお互い抵抗がなくなってくるはずです。

誘うときは、たまたまタイミングが合うときに「せっかくだからお茶でもしてみません?」と自然に誘うのがおすすめです。あるいは何人かのフォロワーの間で絡みがあるなら、大勢のオフ会を提案するのも良いかもしれません。

もし誘いを断られた場合は、まずはすぐに身を引き、一定の期間を空けてから再アタックするのが賢明です。出会い厨と思われないよう、適切な頻度とタイミングを見極めましょう。

出会い探しに便利なTwitterの機能

出会い探しに便利なTwitterの機能

Twitterにはさまざまな便利機能が備わっており、中には出会いに利用できる機能もあります。

例えば下記3つの機能などを活用してみてはいかがでしょうか。

  • ハッシュタグ検索
  • near&within検索
  • geocode検索

実際の画面を交えながら、具体的な使用方法を解説していきます。

ハッシュタグ検索

ハッシュタグ検索

Twitterでの出会い探しにもっとも身近な方法が、ハッシュタグ「#」です。

実際にTwitterで「#Twitter婚活」や「#Twitter恋活」と検索してみると、さまざまなアカウントが表示されます。

投稿者の中には本気で恋人を探している人もいらっしゃいますから、アカウントをしっかり見極めれば、出会いにつながる可能性も考えられます。

near&within検索

自分の周辺で出会いを探すときは、「near:〇〇(地域) within:〇」と検索すると便利です。これにより、自分の住んでいる地域を、半径「~km以内」と絞ってユーザーを検索できます。

たとえば、「near:横浜 within:10km」と検索すると、上記画面のように横浜周辺で投稿をおこなったユーザーが表示されます。

geocode検索

もっと正確に場所を絞りたいときは、geocodeの利用がおすすめです。geocodeなら緯度と経度により、ピンポイントに絞った検索が可能になります。

geocodeを調べるには、まずGoogleマップから指定場所を検索します。たとえば横浜駅に絞って検索したいときは、Googleマップから「横浜駅」と検索し、URLに記載された緯度、経度をgeocodeとして貼り付けます。

指定スポットの緯度と経度は、URLの赤枠の部分に表記されます。

この情報をもとに、半径距離を指定しながらTwitterで検索します。

たとえば「geocode:35.4659811,139.622062,1km」と検索すると、横浜駅から1km圏内にいる(あるいは投稿したことがある)ユーザーが表示されます。

まとめ:Twitterで出会える確率は低い

アンケート調査やTwitterの機能、規約などを調査しましたが、残念ながらTwitterで素敵な出会いがある確率は低いと言わざるを得ません。

普通に知り合いを作る中で、たまたま良い出会いがあるのは素敵ですが、出会いを求めて利用するのはあまりおすすめできないツールだと判断しました。

SNS感覚で出会いを探したい方には、やはりマッチングアプリがおすすめです。

本人確認済みの出会いを求めている男女だけが集まる場になっていますから、ぜひマッチングアプリを活用して素敵な出会いを探していってください。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る