友達の紹介で出会うメリット・デメリットと付き合うまでの流れ

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

よし、友達から紹介してもらおう。

出会いを考えるうえで、多くの方の頭をよぎるワードですが、世間では賛否が分かれる出会い方です。

「気まずくなるからやめた方がいい」「でも成功率は高い」と、さまざまな意見が飛び交う「友達の紹介」ですが、果たして実際のところどうなのでしょうか?

今回は友達から紹介されて異性と出会うメリット・デメリットを冷静に整理しながら、実際に付き合うまでの流れについてもお伝えしていきます。

友達の紹介で出会うメリット

友達の紹介で出会うメリット

まずは友達の紹介で異性と出会うメリットをご紹介していきます。

身元がはっきりしている

友達から紹介される場合、ほぼ確実にお互いの身元がはっきりしています。

だいたいは「自分の友達」「職場の知り合い」「恋人の友達」など、繋がりがあって人柄を知っている人を紹介してくれます。その友達の立場からすれば、自分の評判を落としかねない変な人は紹介できません。

最初からお互いに一定の信頼感があるところからスタートできるのは、恋愛におけるメリットです。

写メ詐欺のリスクが低い

友達からの紹介であれば、過度に加工された写真を見せられることはほぼなく、また実際に外見を見た感想も聞けますから、写真と実物のギャップが少ないことが多いのもメリットです。

ネットの出会いで懸念されるのが、写メ詐欺のリスクです。

ネットの出会いには「会ってみたら思っていた外見と違った」といった悩みがつきものですが、友達の紹介なら、その懸念は回避できます。

ほぼ確実にデートまで進める

友達からの紹介であれば、ほぼ確実にデートまで進めます。

例えばアプリには多くの方と出会えるメリットがある反面、特定の人とうまくいく確実性はありません。しかし紹介なら、その人とほぼ確実にデートや食事を楽しめます。

その先に進めるかどうかは二人の相性によりますが、少なくとも友達関係にはなれますから、恋愛関係になれなかったとしても新たな出会いに発展させられる可能性があります。

友達のサポートを受けられる

友達の紹介で出会う大きなメリットは、友達のサポートを受けられることです。

紹介してくれた友達と会うたびに「そういえばあの子とどう?」と話題に上がるでしょうし、その友達を経由で相手からどう思われているか聞き出すこともできます。その友達に恋人がいれば、ダブルデートをしてアシストしてくれるかもしれません。

友達からサポートされながら恋愛を進められるのは、とくに恋愛に不慣れな方にとって大きなメリットです。

お互いにその気があるから成功率が高い

そもそも友達の紹介であれば、お互いに恋人を探している二人が出会っているはずです。

そしてお互いに写真を見たり、軽く紹介されたあとで「会ってみたい」と言っているわけですから、第一印象はクリアしていることになります。

あとは実際に二人で会ってみてどうなるかですが、少なくとも関係値0から育てていく恋愛よりは、成功率が高くなることが予想されます。

友達の紹介で出会うのは、このように大きなメリットがあるのです。

友達の紹介で出会うデメリット

友達の紹介で出会うデメリット

次に、友達の紹介で出会うデメリットについても解説しておきます。

仲介してくれた友達との関係性を崩してしまわないためにも、紹介を頼む前に悪い面も把握しておきましょう。

断るのが気まずい

友達の紹介で出会うデメリットは、断るのが気まずいことです。

これが写真を見せられたり、食事の場に居合わせた段階なら問題ありません。「いま彼女探してないから」といえば終わりです。

しかし何度か会ってから「ちょっと違うな」と思ったときに、友達との関係もあってものすごく断りづらいのです。断るにしても、友達との関係性などに配慮する必要があります。

この点だけは、紹介される側のリスクとして許容しておく必要があります。

デート中の言動が友達に筒抜けになる

また紹介では友達からのサポートを受けられる一方で、デート中の言動が筒抜けになるデメリットはあります。

もちろんどこまで喋られてしまうかは相手の方にもよりますが、だいたいは「会ってみてどうだった?」とお互いにヒヤリングされたり、茶化されたりしますから「実はこんなこと言われて(笑)」みたいな話が出てきてしまいます。

そうやって多少いじられたり、変な言動が筒抜けになってしまったりすることが平気な場合だけ、友達の紹介という甘い蜜を利用できると思っておきましょう。

別れたら気まずい

友達との紹介からうまく付き合えたとしても、その後別れたら気まずくなります。

友達も紹介された恋人も含めてみんなで集まったりする機会もあるでしょうから、そんな関係性が出来上がった中で破局したカップルが出ると、グループが離散する危機にもなります。

紹介してくれた友達との関係性を崩さないよう、少なくとも真摯に真面目に付き合い、別れるときもしっかりと清算する必要があることを心がけましょう。

友達の紹介から付き合うまでの流れ

友達の紹介から付き合うまでの流れ

友達の紹介で出会ってから付き合うまでの流れを、よくある2パターンに分けてご紹介します。

食事の場で会った人を紹介されて付き合う流れ

昨今多いのが、なんとなく食事の場に居合わせた人を、後から紹介されるパターンです。その場でお互いに気に入れば、直接連絡先を交換することもあります。

  1. 食事の場で顔を合わせる
  2. こちらか相手から紹介の打診をする
  3. 了承されれば連絡先交換
  4. デートや食事会で交流する
  5. 何度か会ってみて、お互い気に入れば付き合う

友人からのサポートも受けやすいため、紹介を受けるなら基本的にこのパターンがおすすめです。

写真から紹介されて付き合う流れ

次によくあるのが「この子どう?」と写真を見せられて紹介されるケースです。紹介されてから「まずはみんなで食事」にならないことも多く、慣れが必要になる場面もあります。

  1. 写真から紹介され、連絡先を渡される
  2. 連絡を取ってみて気に入れば会うアポを取る
  3. 二人で会って交流する
  4. 何度か会ってみて、お互い気に入れば付き合う

この場合、マッチングアプリで出会う場合とほぼ同じ流れになります。詳しくは下記の記事もご参考ください。

友達の紹介から進展しないときの対処法

友達の紹介から進展しないケースと対処法

最後に、せっかく友達の紹介から進展しないケースと対処法をご紹介しておきます。

写真と連絡先だけ渡されて放置された

進展しないケースの多くは、紹介のされ方が「丸投げ」だったケースです。

写真と連絡先を渡されて「じゃあ連絡とってみてね」と言われて紹介された場合、どちらか一方が積極的でなければ進展しません。そして多くの場合は、どんなペースや距離感で話を進めて良いのかわからず、なんとなく連絡を取らなくなってしまいます。

紹介してくれた友達に「せっかくだから1回みんなで食事に行かない?」と頼んでみたり、それとなくサポートをお願いすると良いでしょう。

片方が乗り気ではなかった

次に多いのが、片方が実は乗り気ではなかったケースです。

紹介を受けた方がそこまで乗り気ではなかった場合はもちろん、紹介をお願いした方があまり深く考えずに頼んでおり、紹介を受けたものの相手がなぜか乗り気ではないというケースも無くはありません。

この場合、進展させるのはなかなか難しくなります。

紹介してくれた友達に「ぶっちゃけどう思ってるか聞いてもらえる?」と、橋渡しをお願いしてみて、無理そうな場合はスッパリと諦めることをおすすめします。

「恋愛しないと」と気を張り過ぎている

友達からの紹介だからと肩肘を張って、空回りしてしまうケースも考えられます。

会うときや連絡を取るときに「この人と付き合うかどうか真剣に考えないと!」と緊張してしまい、かえって進展が遅くなってしまうケースです。

基本的に、友達から紹介されたとしても、最終的には二人の相性です。まずは友達と接するような気持ちで会ってみて、お互いに気に入ったら仲を深めていくので良いのではないでしょうか。

何度か友達も含めてグループで会ってみるなどして、少しずつ仲を深めていくことをおすすめします。

紹介してくれた友達を巻き込むのが成功のカギ!

友達の紹介から出会った恋を成就するには、友達を巻き込んでしまうのが一番です。

その友達の恋人も含めてダブルデートをしてもらったり、みんなで食事に行ったりする中で「なんとなくお互いに意識している」くらいの距離感で進められると、うまくいきやすくなります。

そして「この前のデートどうだった?」と積極的に二人の仲を取り持ってくれるような友達は、あなたにとっての一生の財産です。

その友達のことは本当に大切にして、感謝しながら恋愛を進めていってくださいね。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る