インスタに出会いはある?成功率・出会い方・危険性を調査してみた

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

インスタグラム(Inastagram)は、おしゃれな画像や動画を投稿できるSNSです。

2017年には「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれるほどの社会現象となり、総務省による令和3年度の調査でも、10代と20代のインスタ利用率は70%を超えていました。

そんなインスタを日常的に利用していて「この人と仲良くなりたい!」と思ったことはありませんか?

ありますよね?

そこで!今回は300名の男女へと、インスタグラムと出会いに関する意識調査を実施しました。

その調査内容も踏まえながら、インスタと出会いの実態についてわかりやすく解説していきます。

そもそも出会い目的のインスタ利用はOK?

そもそも出会い目的のインスタ利用はOK?

そもそもインスタで出会いを探すことは問題ないのでしょうか?ここではインスタの利用規約をふまえながら、インスタでの出会いの可否を解説します。

SNS名称インスタグラム(Instagram)
運営会社メタ・プラットフォームズ
国内利用者数約3,300万人
利用者が多い年代10代、20代
男女比男性約40%、女性約60%
インスタ基本情報

出会いを明確に禁止する規約はない

インスタの利用規約を確認したところ、出会い探しを明確に禁止する文言はありませんでした。

LINEをはじめとする他のSNSでは、出会い目的での利用が明確に禁止されていることもありますが、インスタの利用規約ではそもそも出会いを探す行為について言及されていません。

創作、コミュニケーション、発見およびシェアを行い、つながりを構築するためのパーソナライズされた機会を提供すること

引用:利用規約とポリシー・Instagramサービス

ただしインスタは、あくまでユーザー同士の交流を目的としたSNSです。

出会いを目的として利用するというよりも「交流の先に自然な出会いがある」と考えたいところです。

他人へのなりすましは禁止されている

インスタの利用規約では、以下のとおり他人へのなりすましが明確に禁止されています。

Instagramでは、利用者ご自身の身元を開示していただく必要はありませんが、弊社に対しては、正確かつ最新の情報(登録情報を含む)を提供していただく必要があります。これは個人データの提供を含むことがあります。また、他者へのなりすましは禁止されており、本人から明示的な許可を得ない限り、他者のアカウントを作成することはできません。

引用:利用規約とポリシー・Instagramサービス

とはいえ、インスタのアカウントを開設するうえで本人確認はありません。例えば勧誘業者など、悪質なアカウントも簡単に開設できてしまいます。

本人確認がないアプリで出会いを探すのはリスクが大きくなりますから、出会い目的でインスタを始めるのは、あまりおすすめできない行為です。

インスタと出会いの実態調査結果

インスタと出会いの実態調査結果

ここでは、インスタと出会いに関する調査結果をお伝えしていきます。

調査概要は、下記の通りです。

調査概要

  • 調査期間:2022年8月17日〜2022年8月22日
  • 調査機関:ENSPORTS(https://www.ensports.com/)
  • 調査対象:男女300名
  • 有効回答数:300(全300回答)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査データ:[PDF document 67kb]

今回の調査で明らかになった、下記3点について解説していきます。

  • インスタで恋人を作ったことがある:14人(4.7%)
  • インスタで出会いを探したことがある:17人(5.7%)
  • インスタで意気投合したら会うかもしれない:171人(57.0%)

インスタで恋人を作ったことがある人は約5%

インスタで恋人を作ったことがある人は約5%

「インスタで実際に恋人ができたことがあるか」とお聞きしたところ、「ある」と回答したのは300人中14人(4.7%)にとどまりました。

男性は96人中6人(6.3%)、女性は204人中8人(3.9%)と女性の方が割合は低く、世代別では以下のような状況になっています。

  • 10代:8人中0人(0%)
  • 20代:78人中7人(9.0%)
  • 30代:120人中4人(3.3%)
  • 40代:64人中2人(3.1%)
  • 50代以上:30人中1人(3.3%)

インスタ利用者が78.6%ともっとも多い20代では、実際の出会いに発展する事例も少なくないようです。今回の調査では「身近な人がインスタをきっかけに結婚した」という声も見られました。

20代女性の意見

20代女性の意見

周りの友人には、数人インスタグラムで知り合い付き合った人や結婚した人がいます。友人の友人など、どんな人かわかる人であれば良い出会いになるのではないかと思います。

30代女性の意見

30代女性の意見

インスタグラムの趣味アカウントを通じて仲良くなり、実際に会って→結婚みたいなパターンは少なからずあると思います。ただ、SNSをきっかけとした事件のニュースを度々耳にするので、あまり良いイメージを持てないしやはり危険だと思います。

インスタで出会いを探したことがある人は約6%

インスタで出会いを探したことがある人は約6%

「インスタで出会いを探した経験があるか」とお聞きしたところ、「ある」と回答したのは300人中17人(5.7%)という結果でしたが、男女で大きく異なる内訳となりました。

  • 男性:96人中14人(14.6%)
  • 女性:204人中3人(1.5%)

男女のパーセンテージは10倍近くも異なり、かなり温度差があることがわかります。

そもそも出会いを探した経験のある人数自体も少ないため、インスタを出会いの場と考えている人は、きわめて少数派であるといえます。

20代女性の意見

20代女性の意見

私は高校生の時、Instagramで共通の友達から恋人を探していました。私の友達には実際に恋人ができた子もいました。

30代男性の意見

30代男性の意見

同じ趣味や気が合いそうな方を見つけやすいので出会いが少ない方には良いと思います。

インスタで意気投合したら会うかもしれない人は57%

インスタで意気投合したら会うかもしれない人は57%

「インスタで意気投合した相手と実際に会う可能性があるか」とお聞きしたところ、「ある」と回答したのは171人(57.0%)にものぼりました。

男性の方が割合は高いものの、女性も半数を超えていることが分かります。

  • 男性:96人中68人(70.8%)
  • 女性:204人中103人(50.5%)

インスタはSNSの中でも比較的オープンな性質が強いことから「出会い目的ではなく、自然に仲良くなった人と会うのはアリ」と考える人は多い結果となりました。

30代男性の意見

30代男性の意見

趣味などがあらかじめわかるので、会いたいと言われれば会ってしまいそうな気がします。

20代女性の意見

20代女性の意見

探る手間なく、気の合う人と出会いやすいと思います。一方で、無料で誰でも使えるツールのため、嘘も多く自分の見極めが大事だと感じます。

インスタで出会いを探すメリット

インスタで出会いを探すメリット

「画像や動画の投稿がメイン」というインスタの特徴をふまえると、インスタで出会いを探すメリットは以下の3点が挙げられます。

  • 相手のルックスがわかりやすい
  • 相手の趣味がわかりやすい
  • 外国人ともつながりやすい

相手のルックスがわかりやすい

インスタは顔写真や全身写真を載せているユーザーが多いことから、相手のルックスがわかりやすいのは出会いに対するメリットです。

これは写真や動画の投稿がメインのインスタならではのメリットといえるでしょう。

とはいえインスタに掲載されている写真は、加工されているケースが多いのには注意が必要です。

どれだけかっこいい(かわいい)と思っても、実際に会ったら「写真と全然違う」と感じる可能性も否めません。

相手の趣味がわかりやすい

気になるユーザーの過去の投稿をチェックすれば、趣味や休みの日の過ごし方がわかります。

自分と共通する趣味があれば、話のきっかけづくりとしては最適でしょう。

また知っている場所の写真が投稿されていれば、スポット情報がなくても近所に住んでいるのか判断できるのもメリットです。

外国人ともつながりやすい

インスタは世界中で利用されているSNSで、2018年には月間アクティブユーザー10億人を突破しました。

そのため、日本人に限らず外国人ともつながりやすいSNSといえます。

写真や動画がメインのインスタなら、たとえ文章の意味がわからなくても気軽に交流を図れるのはメリット。グローバルな出会いが期待できるのは、インスタならではです。

インスタで出会う方法を5ステップで解説

インスタで出会う方法を5ステップで解説

インスタで出会う方法を、下記5つのステップに分けて解説していきます。

  1. 自分のインスタアカウントを育てる
  2. 自分のプロフィール写真を載せる
  3. ハッシュタグで同じ趣味の人を検索する
  4. 相手の投稿にいいね&コメントを送る
  5. DMを送る

概算ですが、1人と仲を深めるのに3ヶ月〜6ヶ月くらいは見ておく必要があります。

出会い前提のマッチングアプリと違い、インスタではあくまで自然に仲良くなるのが大切ですから、急がずじっくりと進めていきましょう。

1. 自分のインスタアカウントを育てる

インスタで出会いを探すには、まず自分のアカウントを育てることが大切です。

育てるとは、フォロワー数を増やしたり、受け取ったいいねの数を増やしたりすることです。

インスタでは「フォロワー数=信頼性」といっても過言ではありません。フォロワーが多い方が、やはり大勢からの人気があって信頼できます。

フォロワー数が少ない状態で異性に不用意に絡むと「出会い厨」と思われやすくなりますから、まずは普通にインスタを運用してフォロワーを増やすことが大切です。

2. 自分のプロフィール写真を載せる

インスタアカウントの信頼性を上げるには、顔写真を載せることも大切です。自撮りや暗い写真は避け、できるだけ明るい好印象な一枚を選びましょう。

プロフィール写真の見栄えをよくするには加工アプリが便利ですが、出会いを求めるなら過度な加工は禁物です。

できるだけ自然で、違和感のない程度に留めるのがポイントです。

3. ハッシュタグで同じ趣味の人を検索する

インスタのハッシュタグ機能を活用すれば、同じ趣味の人を気軽に検索できます。「#カフェ」、「#〇〇好きとつながりたい」など、自分の趣味に関連するワードをハッシュタグで検索してみましょう。

たとえば「#カフェ」と検索すると、調査時点で累計2770万件もの投稿がありました。

インスタでカフェと検索した画面

また、「#渋谷スクランブルスクエア」などスポット名を入れれば、近所の人を探すこともできます。

インスタのハッシュタグ検索画面

住んでいるエリアや地元が同じ人なら、話題も盛り上がりやすいかもしれません。

このように相手を探して、コミュニケーションを取っていくのが出会いの第一歩です。

4. 相手の投稿にいいね&コメントを送る

インスタで気になる人がみつかったら、投稿にいいね&コメントしてみましょう。

これにより相手に自分のアカウントを認知してもらえるようになり、相手からもフォローしてもらえるかもしれません。

ここからは定期的に「いいね」を送ったり、お互いにコメントをしたりして、少しずつ絡みながら距離を縮めていくことになります。

あまりにグイグイいくと誰でも引いてしまいますから、あくまで自然なコンタクトを心がけてください。

5. DMを送る

コメントなどで普段からやり取りをしている中で、何かのきっかけでDM(ダイレクトメッセージ)を送ってみましょう。

例えば投稿内容について「すみませんが、詳しく教えてもらえたりしますか?」などと質問してみるのはいかがでしょうか。

それなりに仲が深まっていれば教えてくれるでしょうし、自分に興味がある人に嫌な気持ちを抱く人はあまりいませんから、さらに親近感を持ってもらえるようになります。

そうやって仲を深めていく流れで、例えば絡んでいるグループでのオフ会を提案してみたり、何かきっかけがあれば2人でのお出かけを提案してみたりすれば、出会いに進展する可能性があります。

インスタでは焦らず、じっくりと仲を深めていき、結果的に「自然な出会い」を演出するのが大切です。

インスタで出会いを探すデメリットと注意点

インスタで出会いを探すデメリット

インスタで出会いを探すと、以下のようにさまざまなデメリットが生じる可能性があります。

  • 出会いを探すには効率が悪い
  • プロフィール写真が加工されている可能性が高い
  • 身分を偽った業者アカウントの可能性がある
  • ブロック&報告でアカウント停止になることも

活動内容が悪質だと判断されると、アカウントが凍結されてしまうこともありますから、節度を持って出会いを探すことが大切です。

出会いを探すには効率が悪い

そもそもインスタは出会いを目的としたSNSではないため、出会いを探すには効率の悪いツールです。

今回の調査では全体の94.3%が「インスタで恋人を探したことはない」と回答した通り、ほとんどの人が出会いを目的にしていません。

出会いが前面にくるのではなく「たまたまインスタで繋がった人に恋が気になる」という状況のときに、じっくりと仲を深めるために活用するのは良いかもしれません。

プロフィール写真が加工されている可能性が高い

「映え」が重視されるインスタでは、プロフィール写真がアプリなどで盛られていることも少なくありません。

マッチングアプリでは過度な加工は嫌われますが、インスタは写真や動画自体をコンテンツとして楽しむものですから、加工が許容されています。

また長くコミュニケーションを取る中で、自分の中で勝手なイメージが膨らんでしまう可能性もあります。

気になる人とデートの約束までたどりついても、いざ会ってみたら「写真と全然違う……」と落胆してしまう可能性が高いのも、インスタの出会いにおける注意点です。

身分を偽った業者アカウントの可能性がある

誰でも気軽にアカウントを開設できるインスタには、業者アカウントが存在します。

とくにセクシーさを前面に押し出している、美人のきわどい写真ばかり投稿しているようなアカウントは、まず業者だと考えていいでしょう。

仲良くなったと思って連絡を取ると、悪質なサイトやビジネスに誘導されたりする可能性もあります。

安易に「出会い」を前面に押し出しているアカウントに飛びつくと、出会えないばかりかカモにされてしまう可能性がありますから、重々注意が必要です。

ブロック&報告でアカウント停止になることも

出会い目的で多くの人とコンタクトを取っていると、相手から「出会い厨」として報告されるリスクがあります。

特に異性ばかりをフォローしていたり、出会い系のハッシュタグばかり乱用すると、ブロック&報告されてしまう可能性が高まります。

インスタの運営から迷惑な行動をしている利用者だと判断されると、アカウントは利用停止となり、過去の投稿はすべて消えてしまうことになります。

利用者によってサービスにシェアされたいずれかのコンテンツや情報が本利用規約や弊社のポリシー(Instagramコミュニティガイドラインを含む)に違反していると弊社が判断した場合、または法律によりその削除が認められているか義務付けられている場合、弊社は当該コンテンツや情報を削除することができます。

引用:利用規約とポリシー・Instagramサービス

出会いを求めるのと迷惑行為はまた別物ですから、普通に利用している人の迷惑にならない行動を心がけてください。

まとめ:出会い目的ならインスタよりマッチングアプリ

  • インスタに出会いを求める利用者は少数派
  • 自然に仲良くなった相手と出会うことはある
  • 業者アカウントや迷惑行動には注意

普通にインスタ運用を楽しんでいる中で、結果的に出会いがあるのは素敵なことです。しかし「出会い」を目的にインスタを始めるのは、あまり良い行動とはいえません。

出会いを求めるならマッチングアプリが一番です。

餅は餅屋という言葉もありますから、出会いを探す場はよくよく検討してみてください。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る