mixiで出会いはある?体験談をもとに実態を調査してみた!

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

mixi(ミクシィ)は、日本国内で2000年代後半に流行したSNSです。

現在も利用者数こそ減っているものの、コミュニティやイベント機能などを活用している方はまだまだいらっしゃいます。

そうなると「そんな狭いSNSなら、むしろ出会いのチャンスがあるのでは?」とも考えられます。はたして出会いのチャンスがあるのか、気になりますよね。

そこで今回は、mixiで本当に出会いがあるのか、利用者の体験談やサービス内容、利用規約などを総合的に調査してきました!

調査結果を踏まえ、mixiと出会いの実態について解説していきます。

mixiは出会い目的で使える?

mixiは出会い目的で使える?

まずはmixiの利用規約やトレンドを調査して、そもそもmixiが出会い目的で使えるSNSなのか調査してみました。

出会いを禁止するSNSも多くありますから、まずはmixiがどのような立ち位置なのか見ていきましょう。

SNS名mixi(ミクシィ)
運営会社株式会社ミクシィ
国内利用者数非公開
利用者が多い年代20代~40代
男女比男性約55%、女性約45%
mixi基本情報

出会い目的の利用は規約で禁止されている

mixiは、残念ながら出会い目的の利用が禁止されているSNSです。

今回mixiの利用規約を調査したところ、下記のとおり「出会い」に関する内容が細かく規定されていました。

mixiでは、以下のような行為を禁止しています。下記に該当する行為を確認次第、mixi運営事務局で投稿を削除したり、アカウントの利用を停止する場合があります。

会ったことのない異性との出会いを求めたり、実際に会おうとすること
コミュニティなどで初めて知り合った異性と、電話やメールなどをしようとすること
コミュニティやメッセージなどで、会ったことのない異性と連絡先を交換しようとすること
そのほか、男女間の関係の発展を期待するような募集を書き込むこと

引用:mixi・利用上の注意に関する質問

利用規約に違反すると、これまで使ってきた自分のアカウントを凍結されるなどの措置を受ける可能性があります。

もちろんコミュニティなどで交流する中で自然と仲良くなり、たまたま会うことになることはあるかもしれません。そもそもイベント機能もありますし、mixiを介して出会うこと自体が禁じられているわけではありません。

しかし男女の出会い目的で募集をしたり、すぐに連絡先を交換しようとしたりするのは、規約で禁じられていることを知っておいてください。

mixiの利用者数は年々減少傾向

また出会いを探そうにも、mixiは利用者数が減少傾向にあることに注意が必要です。

総務省がおこなった調査によると、世代別のmixi利用率は以下のとおり。平成25年(2013年)から令和3年(2021年)の8年間で、利用率が大きく低下していることがわかります。

年代平成25年(2013年)
利用率
令和3年(2021年)
利用率
8年間の推移
10代26.6%1.4%▲25.2
20代48.4%3.3%▲45.1
30代20.3%3.6%▲16.7
40代9.7%1.9%▲7.8
50代4.2%2.4%▲1.8
60代2.7%0.4%▲2.3

※参照1:総務省・情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査<概要>
※参照2:総務省・令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>

mixiは2004年のリリース移行、20代~30代を中心に急速にユーザーを増やしました。

2011年にはアクティブユーザーが1,500万人を突破しましたが、その後はTwitterやFacebookなどの台頭により、徐々に影を潜めています。

あえて出会いを探すために使うのは、利用規約で禁じられていることもありますから、難しいと言えるでしょう。

mixiで出会いはある?利用者の体験談を掲載

mixiで出会いはある?利用者の体験談を掲載

それでは、今回調査してわかったmixiと出会いの実態について解説していきます。

今回の調査は、下記の通りおこないました。

調査概要

  • 調査期間:2022年8月17日〜2022年8月23日
  • 調査機関:ENSPORTS(https://www.ensports.com/)
  • 調査対象:男女100名
  • 有効回答数:100(全101回答)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査データ:[PDF document 67kb]

下記3点のトピックスについて解説していきます。

  • mixiで恋人を作ったことがある:12人(12.0%)
  • mixiで出会いを探したことがある:16人(16.0%)
  • mixiで意気投合したら会うかもしれない:52人(52.0%)

mixiで恋人を作ったことがある人は12%

「mixiで恋人ができたことはあるか」とお聞きしたところ、なんと100名のうち12名もの方が「ある」と回答しました。

なお実際に恋人ができた人の中には、mixiで出会った相手と結婚した方も。

アンケートで時期までは指定していませんから、mixiが流行っていた全盛期の体験談が多いようには思いますが、これは他のSNSと比べてかなり多い結果です。

出会い目的が禁止されているにも関わらず、実態としては恋人作りに利用されている(いた)ことがわかりました。

30代男性の意見

30代男性の意見

mixiのコミニティで出会って、付き合い、結婚までしたので、mixiは出会いを求めやすいと感じています。

20代女性の意見

20代女性の意見

同じ歌手が好きだというのもあり、mixiで知り合ってから2か月後に一緒にその歌手のコンサートに行き、帰り際に告白されてお付き合いしました。

mixiで出会いを探したことがある人は16%

次に「mixiで出会いを探した経験があるか」とお聞きしたところ、「ある」と回答したのは16%でした。

なお男性は42人中9人(21.4%)、女性は58人中7人(12.1%)と、パーセンテージでいえば男性はかなり多い数値です。

利用規約で禁止されているにも関わらず「mixiは出会いの場になる」というイメージが先行していたことがわかります。

30代男性の意見

30代男性の意見

mixiの全盛期に、共通のコミュニティで仲良くなった人と実際に会ったことはあります。

30代女性の意見

30代女性の意見

実際に自分の友人がmixiを通じてお付き合いまで行ったので、出会い自体はあるのだと思います。しかし、素性の分からないネット上でのやり取りで実際に会うというハードルが自分には越えられない部分があります。

mixiで意気投合したら会うかもしれない人は52%

「mixiで意気投合した人と実際に会う可能性はあるか」とお聞きしたところ、過半数となる52人が「ある」と回答しました。

男性は42人中27人(64.3%)、女性は58人中25人(43.1%)と、女性の比率もさほど低くない結果です。

なお「ない」と回答した人からは、業者アカウントによるトラブルを心配する声が目立ちました。

30代男性の意見

30代男性の意見

若い頃ならガツガツ行こうとしたかもしれないが、大人になるとサクラでないかとか危険でないかと思うようになってしまった。

30代女性の意見

30代女性の意見

全てが悪い人ではないとは思うが、やはりネット上の出会いは危険があるとおもうので、しっかりと警戒心を持って知り合うべきだと思います。

mixiで出会いを見つける方法

mixiで出会いを見つける方法

他のSNSが台頭したこともあり、また利用規約で禁じられていることもあり、mixiで出会って恋人を作るのは簡単ではありません。

とはいえ「共通の趣味のある知り合いとしてコミュニケーションを取るうちに仲良くなる」ということは、mixiに限らずどこでも起こりうることです。

mixiでそんな風に自然に出会う方法をご紹介します。

  • コミュニティに参加する
  • イベントに参加する
  • mixiゲームで交流する

コミュニティに参加する

mixiで出会いを探すなら、コミュニティを活用するのが一般的です。

コミュニティとは共通の趣味を持ったユーザーが集まるグループのことで、初対面の人同士でも会話が発展しやすいのがメリットです。

調査時点で、mixiにはなんと5,718万件ものコミュニティがありました。

出典:mixi

好きなキーワードで検索すれば、自分の趣味に合ったコミュニティを探せます。

出典:mixi

例えば「出会」と検索すると、約45,000件のコミュニティがヒットしました。(※あくまで出会い目的の利用は禁止されています)

地域別のコミュニティもありますので、近所で同じ趣味を持つ人を探したいときに便利ですね。

出典:mixi

ランキングから人気のコミュニティを探すこともできます。

なかなかいいコミュニティが見つからないとき、新たな視点から出会いを探したいときには、こうしたランキングを活用するのもいいかもしれません。

イベントに参加する

mixiには「イベント」という機能があります。

mixi利用者なら誰でも開催できて、日時や場所を決めてカラオケやバーベキューなどのイベント参加者を募集できる機能です。

出典:mixi

誰かの開催するイベントに参加しても良いでしょうし、なれてくればご自身で開催するのも良いでしょう。

参加すれば、ほぼ確実にあらたな出会いはありますので、大勢の人と知り合いたい方におすすめの方法です。

mixiゲームで交流する

mixiには、mixi内のメンバーと一緒にゲームで遊べる「mixiゲーム」があります。

ここで一緒にゲームをした人とマイミクになったり、マイミクと時間を合わせてゲームをしたりと、同じゲーム好きの人との出会いを広げられる機能です。

出典:mixi

mixiはゲーム開発も得意な会社ですから、普通に遊びながらあらたな出会いを探せる機能です。

mixiで出会いを探すリスクと注意点

mixiで出会いを探すリスクと注意点

mixiなど本人確認のないSNSで異性との出会いを探すと、思わぬトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、下記のようなリスクやデメリットがあることは知っておいてください。

  • 本人確認がない
  • 勧誘目的のオフ会があるという声も
  • 出会いを匂わせると警戒されやすい

本人確認がないことに注意

mixiは匿名SNSですから、本人確認がありません。

連絡をとっている相手が、本当に記載されている通りの年齢や性別なのかわかりませんから、真剣な出会いを探すのには向いていないサービスです。

そもそも出会い目的の利用が禁止されていますし、相手が誰なのかわからないリスクがあることは重々知っておきましょう。

勧誘目的のオフ会があるという声も

今回Twitterなど他のSNSも利用して調査したところ「mixiのオフ会に参加して副業ビジネスに勧誘されたことがある」とする声が見つかりました。

やはり匿名SNSですから、どうしても上記のようなリスクは考えられます。

イベント機能などを活用して「出会いの場」も開催されていますが、利用する際はあくまで本人確認がないサービスということを念頭に置いておくことをおすすめします。

出会いを匂わせると警戒されやすい

mixiはSNSである以上、出会い目的で利用すると敬遠されがちです。

出会い目的でSNSを利用する人は、ネットスラングで「出会い厨」と呼ばれ、ひどいケースでは他のSNSなどで晒されてしまう可能性すらあります。

またmixiには「規約違反の通報」という機能があり、不快に感じた利用者は報告されてしまいますから、あまりおおっぴらに活動できないことは知っておきましょう。

まとめ:真剣に出会いを探すならmixiよりマッチングアプリ

mixiはあくまで匿名SNSであること、利用者が減少していることを考慮すると、真剣な出会いを探すのはあまりおすすめできません。

コミュニティやmixiゲームなどを楽しんでいるうちに、本当に自然な出会いがあるのは素敵ですが、出会い目的で登録しても、あまり良い結果には繋がらないでしょう。

やはり出会いを探すなら、真剣な出会い目的の男女だけがいるマッチングアプリが一番です。

男女の出会いを探すときには、ぜひセキュリティのしっかりとしたアプリを利用して、安全に活動していってください。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る