50代男女の出会いの場7選。友達作りと恋活・婚活向けに分けて紹介

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

50代が異性と出会える場所は、20代や30代より少ないわけでも、狭いわけでもありません。

例えばマッチングアプリは若者専用のツールではありませんし、サークルや習い事も何歳からだって始められます。

50代の出会いを狭めるものがあるとしたら、それは本人の「もう50代」という気持ちだけ。それは出会いを探すうえでまったく必要ありませんから、ぜひ積極的に出会いを探していきましょう。

50代の男女が良い出会いを探すコツと、具体的な出会いの場について解説していきます。

50代の男女に出会いのチャンスはない?

50代の男女に出会いのチャンスはない?

50代の男女にも、問題なく出会いのチャンスはあります。

内閣府男女共同参画局が作成した2020年の婚姻データを見ると、50代の方が年間20,000人以上も結婚していることがわかりました。

出典:内閣府『結婚と家族をめぐる基礎データ』

男性と女性が両方とも「初婚」となると人数は少なくなりますが、どちらかが「再婚」で結婚しているケースはたくさんあります。結婚ではなく「恋人ができた人」ならもっともっと数も増えるでしょうし、60代や70代で結婚している方もいらっしゃいます。

結婚する年代のボリュームゾーンは20代〜40代ではありますが、事実として50代以降でも出会いのチャンスがあることがデータで示されていました。

まずは「もう50代」という意識を捨てて、ぜひ積極的に出会いの場へ出ていきましょう。

50代が良い出会いを探すコツ

50代が良い出会いを探すコツ

50代の男女が、出会いの場を上手に活用するためのコツをご紹介していきます。

年齢のコンプレックスは捨てる

まず、自分の年齢をマイナス条件と考えないことが大切です。年齢のことで後ろ向きになると何も始まりませんので、50代だからどうということは忘れましょう。

もちろん20代の人が50代の異性を「恋愛や結婚の対象外」と見るのは仕方ありません。きっとご自身も昔はそうだったと思いますが、50代になった今はどうでしょうか。40代~60代の異性はじゅうぶんに恋愛や結婚の対象として意識できるはずです。

反対にいえば、無理に20代の女性を狙ったりしても成功率は低くなりますから、お互いにニーズのある年代同士で恋活をすることは大切です。

できるだけ明るく積極的に活動する

何事においても、積極的な人にチャンスが多く訪れます。たまたま降ってくるチャンスもありますが、そのチャンスを捕まえるためにも積極性は必要です。

例えば新しい習い事に飛び込んでみたり、知らないことを勉強してみたりとアクティブに活動することで、出会いが自然とついてくることもあります。

世代や性別問わずオープンにコミュニケーションが取れるような、明るい振る舞いを心がけましょう。

相手の人となりに興味を持つ

すべての出会いは、相手を受け入れることで成立します。スペックではなく人となりに興味を持ち、相手の話をよく聞くことが大切です。

もちろん譲れない条件はあるでしょうから、まずスペックを確認することはあるかもしれません。

例えば「子どもがいる」「介護しなければいけない親がいる」などの条件で、お互いに足切りをしあう場合はあるでしょう。しかしその先は、あくまで二人がこれから一緒にパートナーとして歩めるかどうかの「人となり」が大切になってきます。

お相手に興味をもって、良いところを見つけるような意識で出会いの場に臨みましょう。

50代男女が恋活・婚活できる出会いの場

50代男女が恋活・婚活できる出会いの場

では50代の男女が恋活や婚活できる出会いの場をご紹介していきます。

まずは出会いを探している同年代と出会うのがスタート地点ですから「出会いを探している人だけがいる場所」をまとめました。

積極的に異性との出会いを探すなら、まずは以下の出会いの場を活用してみてください。

マッチングアプリ

気軽に恋活や婚活を始めたい50代の方には、マッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリは「本人確認(年齢確認)」が必須になっている、安全に出会いを探せるサービス。女性は無料で利用できて、男性のみ有料になっているものが一般的です。

マッチングアプリといえば「若い人が恋愛相手を見つけるための場所」というイメージをお持ち方もいらっしゃいますが、実際に50代の会員が多いアプリもたくさんあります。気軽なお付き合いのマッチングを主な目的にするアプリもあれば、真剣な恋愛相手を探す目的としたアプリもあります。

そんなマッチングアプリでは、登録している異性の自己紹介文や写真を見て「いいね」を押すことから出会いが始まります。相手からも「いいね」が来たらメッセージの交換が可能になり、意気投合すればお茶などのデートに進みます。

あえてマッチングアプリに向く人の条件をあげるなら「文章で自分の気持ちを表現できる人」「相手の気持ちを察することが上手な人」でしょうか。まずはメッセージのラリーである程度盛り上がる必要がありますから、文章のやり取りが苦手ではない方は、ぜひ試してみてください。

街コン・婚活パーティー

手っ取り早く同年代の異性と出会いたい50代の方は、街コンや婚活パーティーに参加することをおすすめします。

決められた時間で席を移動して、相手を変えながら1:1で会話をしていくようなスタイルが多いのですが、気軽な街コンなら「美術館で鑑賞しながら会話を楽しむ」などの企画も開催されています。

2時間くらいのスケジュールで会話を楽しんで、最後に気に入った異性を選んで「カップル成立」になった人同士だけが連絡先を交換して解散する、といった流れが一般的。雰囲気によっては、参加者同士で誘い合って二次会にいくようなこともあります。

マッチングアプリのように会うまでのメールのやり取りがなく、手っ取り早い反面、初対面のさまざまな異性との会話を楽しめるマインドが必要ではあります。

積極的に出会いの場へと参加したい方は、近くで開催されている街コンや婚活パーティーをチェックしてみてください。

結婚相談所

とにかく「結婚相手」に絞って出会いを探したい50代の方には、結婚相談所がおすすめです。

アプリや街コンよりも費用はかかりますが、その分利用者の本気度も高く、アドバイザーもついてくれて手厚くサポートしてもらえます。

アドバイザーが色々と段取りしてくれますので、仕事に忙しい50代の方でも婚活を進めやすいのが大きなメリットです。アプリなどは自分のペースで利用できる反面、忙しいときは後回しにしてしまいがちですが、結婚相談所なら定期的にアドバイザーが進行を手伝ってくれます。

お互いに目的がはっきりしている出会いの場ですから、結婚を考えている50代はぜひ一度結婚相談所を検討してみてください。

50代男女が友達を探せる出会いの場

50代男女が友達を探せる出会いの場

はっきりと恋活や婚活を始めるのに抵抗がある50代の方は、まずは「友達」を探せるような出会いの場に参加してみるのもおすすめです。

以下のような場所で友達を探して、出会いのきっかけを広げてみてください。

趣味の会、習い事

自然な出会いで友達から作りたいなら、趣味の会や習い事を始めてみてください。

各地域で「囲碁、将棋、俳句、短歌、絵画、陶芸」など、多くの趣味の集いが開かれています。例えば公民館などでは、無料の会が開催されていることも少なくありません。

ちなみに女性は、男性のメンバーが多いサークルがねらい目です。囲碁、将棋などは圧倒的に男性が多く、あなたが初心者なら進んで指導してくれる男性には事欠きません。他には俳句や陶芸も、比較的男性が多いと言えます。

男性なら女性が多いサークルを選びたいところです。とくにカルチャー教室などは女性が大半を占めるものが多く、例えば「絵画教室」などは男性でも楽しめるのに女性ばかり、といった状況も少なくありません。

ちなみに習い事は、生徒同士だけでなく、先生と生徒の出会いの場になることも珍しくありません。ここまでにご紹介したような習い事でしたら、先生も同年代のことが多いですから、色々と体験してみてください。

スポーツサークル

運動するのが嫌いでなければ、スポーツサークルに入ってみるのもおすすめです。

とくに同年代が多い競技は「テニス、ゴルフ、水泳、登山」などです。なお年配の方のイメージが強い「ゲートボール」も、実際には40代〜参加者が増え始めますから、同年代との出会いがたくさんあるはず。

スポーツは体力づくりにもなりますし、続けているうちに明るく前向きな性格になる方も多い趣味ですから、始めてみて損はありません。

出会いに対してあまり積極的になれない方こそ、スポーツサークルで運動を始めながら出会いを探してみてはいかがでしょうか。

同窓会

もし機会があれば、同窓会も出会いの場としておすすめです。

もちろん「たまたま独身同士で出会える」といったチャンスは少ないかもしれませんが、同性の友人と再会したことから、思わぬ出会いのきっかけが広がる可能性はあります。

例えば「旦那さんの友人に独身の人がいる」などのチャンスが舞い込んでくるかもしれません。それだとお互いに身元もはっきりしていますし、安心して紹介してもらえますよね。

コツとしては、独身だからといって卑屈な雰囲気を出さないことです。独り身の生活を楽しんでいる雰囲気を出すことで、自然と友人関係も増えますし、出会いのチャンスも増えてきます。

他の参加者は家庭のある人も多いと思いますが、とくに気にせず自分は自分として楽しめる方におすすめの出会いの場ですね。

バー

お酒が好きなら、いきつけのバーを作るのもおすすめです。

真剣な恋活や婚活には向きませんが、マスターに「独身だから同年代のいい人いたら仲良くなりたい」と伝えておけば紹介してくれる可能性があります。

普段から通って常連同士で仲良くすれば、そこからまた出会いのきっかけが広がるかもしれませんし、友達作りには最適です。

20代や30代ばかりが集まるバーではなく、同年代の多い落ち着いたバーを近所で探してみてください。

出会いがない50代が注意したいこと

出会いがない50代が注意したいこと

とくになかなか良い出会いがない50代の方は、焦ってしまって負のサイクルに入ってしまうことがあります。

失敗することは当然として、気長に出会いを探していきましょう。

具体的に下記3点には注意しながら、良い出会いを探していってください。

  • 自分を大きく見せようとしすぎない
  • 家庭のある人へのコンプレックスを見せない
  • 金銭の絡む話には重々注意する

自分を大きく見せようとしすぎない

50代の成熟した大人が、出会いの場で背伸びするのはよくありません。

無理をして自分を良く見せようとすると、どうしても言葉や態度がぎこちなくなります。もしそこから好きになってもらえたとしても、無理した状態をずっと続ける必要が出てきます。

50代に求められるものは、大きく見せることではなく「落ち着き」や「居心地の良さ」ですから、基本的には飾らず自然体で出会いの場に臨めるよう注意しましょう。

家庭がある人へのコンプレックスを見せない

出会いを探していると、家庭がある人やパートナーがいる人へのコンプレックスが大きくなってしまうことがあります。

しかしそれを周囲に見せてしまうと、自ら出会いを遠ざけてしまうことになりかねません。

人は「人生を楽しんでいる人」に惹かれるものですから、まずは一人の生活を思いっきり楽しんで、周りの家族連れと自分の環境を比べたりしないことをおすすめします。

金銭の絡む話には重々注意する

これは50代に限ったことではありませんが、焦っているあまり変なビジネス勧誘などに引っかかってしまわないように注意しましょう。

結婚詐欺やビジネス勧誘などは、余裕がない人の心につけ込んできます。もし相手から金銭の相談を持ち掛けられたときは、お断りする勇気を持ってください。

これから良い関係を築いていこうとする相手に、重いお金の相談をするのは考えにくいことです。もちろん例外もあるかもしれませんが「二人のために必要なんだ」なんて言われて安易に騙されないよう注意してください。

50代の出会いの場まとめ

50代にも、出会いのチャンスはたくさんあります。

同年代である40代〜60代で独身の方を探せば、きっと良い出会いが見つかるはず。

まずは人生を楽しみながら、積極的に出会いの場に出ていくことから始めましょう。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る