50代男女の出会いの場8選!恋活・婚活or友達作りの目的別で紹介

出会い
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

50代が異性と出会える場所は、20代や30代より少ないわけでも、狭いわけでもありません。

たとえばマッチングアプリは若者専用のツールではありませんし、サークルや習い事も何歳からだって始められます。

50代の出会いを狭めるものがあるとしたら、それは本人の「もう50代」という気持ちだけ。その気持ちは出会いを探すうえで必要ありませんから、ぜひ積極的に出会いを探しましょう。

当記事では、50代の男女が良い出会いを探すコツと、具体的な出会いの場を目的別で解説します。

50代の男女に出会いのチャンスはある?

50代の男女に出会いのチャンスはない?

50代の男女にも、問題なく出会いのチャンスはあります。

内閣府男女共同参画局が作成した2020年の婚姻データを見ると、年間20,000人以上の50代の方が結婚しているとわかりました。

出典:内閣府『結婚と家族をめぐる基礎データ』

男性と女性が両方とも初婚の人数は減りますが、どちらかが再婚で結婚するケースはたくさんあります。結婚ではなく、恋人ができた人ならもっともっと数も増えるでしょうし、60代や70代で結婚した方もいらっしゃいます。

結婚する年代のボリュームゾーンは20代〜40代ではありますが、事実として50代以降でも出会いのチャンスがあるとデータで示されました。

まずは「もう50代」という意識を捨て、ぜひ積極的に出会いの場へ出ていきましょう。

50代の出会いの場【真剣に恋活・婚活したい人向け】

50代男女が恋活・婚活できる出会いの場

まずは50代の男女が真剣に恋活や婚活できる出会いの場を紹介します。

出会いを探す同年代と出会うのがスタート地点ですから、出会いを探す人だけがいる場所をまとめました。

積極的に異性との出会いを探すなら、まずは以下の出会いの場を活用してくださいね。

マッチングアプリ|女性は無料で利用できるものも

気軽に恋活や婚活を始めたい50代の方には、マッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリは本人確認(年齢確認)が必須の、出会いを探しやすいサービス。女性は無料で利用でき、男性のみ有料のものが一般的です。

マッチングアプリといえば、若い人が恋愛相手を見つけるための場所とイメージするかもしれませんが、実際に50代の会員が多いアプリもたくさんあります。気軽なお付き合いのマッチングが主な目的のアプリもあれば、真剣な恋愛相手を探す目的としたアプリもあります。

そんなマッチングアプリでは、登録する異性の自己紹介文や写真を見ていいねを押すことから出会いが始まります。お相手からもいいねが来たらメッセージの交換が可能になり、意気投合すればお茶などのデートに進みます。

あえてマッチングアプリに向く人の条件をあげるなら「文章で自分の気持ちを表現できる人」「お相手の気持ちを察するのが上手な人」でしょうか。まずはメッセージのラリーである程度盛り上がる必要がありますから、文章のやり取りが苦手ではない方は、ぜひ試してくださいね。

街コン・婚活パーティー|同年代の異性との出会いイベント

手っ取り早く同年代の異性と出会いたい50代の方は、街コンや婚活パーティーへの参加をおすすめします。

決められた時間で席を移動し、お相手を変えながら1:1で会話を進めるスタイルが多いのですが、気軽な街コンなら「美術館で鑑賞しながら会話を楽しむ」などの企画も開催されます。

2時間くらいのスケジュールで会話を楽しんで、最後に気に入った異性を選んでカップル成立になった人同士だけが連絡先を交換して解散する流れが一般的。雰囲気によっては、参加者同士で誘い合って二次会にいくこともあります。

マッチングアプリのように会うまでのメールのやり取りがなく、手っ取り早い反面、初対面のさまざまな異性との会話を楽しめるマインドが必要ではあります。

積極的に出会いの場へと参加したい方は、近くのエリアで開催される街コンや婚活パーティーをチェックしましょう。

結婚相談所|理想の結婚相手を探したい人へ

とにかく結婚相手に絞って出会いを探したい50代の方には、結婚相談所がおすすめです。

アプリや街コンよりも費用はかかりますが、その分利用者の本気度も高く、アドバイザーから手厚くサポートしてもらえます

アドバイザーが色々と段取りしてくれますから、仕事に忙しい50代の方でも婚活を進めやすいのがメリット。アプリは自分のペースで利用できる反面、忙しいときは後回しにしがちですが、結婚相談所なら定期的にアドバイザーが進行を手伝ってくれます。

お互いに目的がはっきりしている出会いの場ですから、結婚を考える50代はぜひ一度結婚相談所をご検討ください。

50代の出会いの場【まずは友達作りをしたい人向け】

次にまずは友達作りがしたい50代におすすめの出会いの場を紹介します。

趣味や好きなものを通して、徐々に親睦を深めていきたい人は以下の出会いの場がおすすめです。

趣味・習い事|好きなことで出会いを探せる

自然な出会いで友達から作りたいなら、趣味の会や習い事を始めるのがおすすめ。

各地域で「囲碁、将棋、俳句、短歌、絵画、陶芸」など、多くの趣味の集いが開かれます。たとえば公民館では、無料の会が開催されることも少なくありません。

ちなみに女性は、男性のメンバーが多いサークルがねらい目です。囲碁、将棋は男性が多く、あなたが初心者なら進んで指導してくれる男性には事欠きません。他には俳句や陶芸も、比較的男性が多いと言えます。

男性なら女性が多いサークルを選びたいところです。とくにカルチャー教室は女性が大半を占めるものが多く、たとえば絵画教室は男性でも楽しめるのに、女性が多い教室も少なくありません。

ちなみに習い事は、生徒同士だけでなく、先生と生徒の出会いの場になることも珍しくありません。ここまでに紹介した習い事なら、先生も同年代のこともありますから、色々と体験してくださいね。

スポーツサークル|人生を思いっきり楽しみたいなら

運動が嫌いでなければ、スポーツサークルに入るのもおすすめです。

とくに50代の方が多い競技は「テニス、ゴルフ、水泳、登山」です。年配の方のイメージがある「ゲートボール」も、実際には40代〜参加者が増え始めますから、同年代との出会いがたくさんあるはず。

スポーツは体力づくりにもなりますし、続けるうちに明るく前向きな性格になる方も多い趣味ですから、始めて損はありません。

出会いに対して積極的になれない方こそ、スポーツサークルで運動を始めながら出会いを探してくださいね。

同窓会|仕事やビジネスにつながることも

もし機会があれば、同窓会も出会いの場としておすすめです。

もちろんたまたま独身同士で出会えるチャンスは少ないでしょうが、同性の友人と再会したことから、思わぬ出会いのきっかけが広がる可能性はあります。

たとえば旦那さんの友人に独身の人がいるなどのチャンスが舞い込んでくるかもしれません。知り合いからの紹介ならお互いに身元もはっきりしていますし、一歩踏み出しやすいですよね。

恋愛や友人との出会いはもちろん、仕事やビジネスにつながることもあるでしょう。

コツとしては、独身だからといって卑屈な雰囲気を出さないことです。独り身の生活を楽しんでいる雰囲気を出せば自然と友人関係も増えますし、出会いのチャンスも増えます。

他の参加者は家庭のある人もいますが、とくに気にせず自分は自分として楽しめる方におすすめの出会いの場ですね。

居酒屋・バー|大人の出会いが待っているかも

お酒が好きなら、いきつけの居酒屋やバーを作るのもおすすめです。

真剣な恋活や婚活には向きませんが、マスターに「独身だから同年代のいい人いたら仲良くなりたい」と伝えておけば紹介してくれる可能性があります。

普段から通って常連同士で仲良くすれば、そこから出会いのきっかけが広がるかもしれませんし、友達作りにはぴったりです。

20代や30代ばかりが集まるお店ではなく、同年代の多い、落ち着いた大人の雰囲気のお店を近所で探してくださいね。

地域のイベントやボランティア|幅広い年齢層と出会える

地域のイベントやボランティア活動があれば積極的に参加してみましょう。

お祭りなど季節ごとのイベントやボランティア活動に参加することで、地域の方々との交友関係が広くなるはずです。

年齢や性別問わず幅広い出会いに期待でき、そのつながりを通して恋愛に発展する方と出会う可能性もあります。

50代が良い出会いを探すコツ・方法

50代が良い出会いを探すコツ

50代の男女が、出会いの場を上手に活用するためのコツや方法を紹介します。

年齢のコンプレックスは捨てる

まず自身の年齢をマイナス条件と考えないのが大切です。年齢で後ろ向きになると何も始まりませんから、50代だからどうということは忘れるのがおすすめ。

もちろん20代の人が、50代の異性を恋愛や結婚の対象外と見ることはあるでしょう。きっと昔はそうだったはずですが、50代になった今はどうでしょうか。40代~60代の異性はじゅうぶんに恋愛や結婚の対象として意識できるはずです。

反対にいえば、無理に20代の女性を狙ったりしても成功率は下がりますから、お互いにニーズのある年代同士で恋活することは大切です。

明るく積極的に活動する

何事においても、積極的な人にチャンスが多く訪れます。たまたま降ってくるチャンスもありますが、チャンスを捕まえるためにも積極性は必要です。

たとえば新しい習い事に飛び込んだり、知らないことを勉強したりと同年代が集まる場にアクティブに足を運べば、出会いが自然とついてくることもあります。

性別問わずオープンにコミュニケーションが取れるような、明るい振る舞いを心がけるのがおすすめです。

条件やスペックではなくお相手の人となりに興味を持つ

すべての出会いは、お相手を受け入れることで成立します。スペックではなく人となりに興味を持ち、お相手の話をよく聞くことが大切です。

もちろん譲れない条件はあるでしょうから、まずスペックを確認することはあるでしょう。

たとえば「子どもがいる」「介護しなければいけない親がいる」などの条件で、お互いに足切りをしあう場合はあるでしょう。しかしその先は、あくまで二人がこの先一緒にパートナーとして歩めるかの人となりが大切です。

お相手に興味を持ち、良いところを見つける意識で出会いの場に臨むのがおすすめです。

出会いがない50代が注意したいこと

出会いがない50代が注意したいこと

とくになかなか良い出会いがない50代の方は、焦って負のサイクルに入ることがあります。

失敗するのは当然として、気長に出会いを探しましょう。

具体的に下記3点には注意しながら、良い出会いを探してくださいね。

  • 自分を大きく見せようとしすぎない
  • パートナーがいる人へのコンプレックスを見せない
  • 結婚詐欺やビジネス目的など、金銭の絡む話には重々注意する

自分を大きく見せようとしすぎない

50代の成熟した大人が、出会いの場で背伸びするのはよくありません。

無理をして自分を良く見せようとすると、どうしても言葉や態度がぎこちなくなります。もし好きになってもらえたとしても、無理した状態をずっと続ける必要があります。

50代に求められるものは、大きく見せることではなく落ち着きや居心地の良さですから、基本的には飾らず自然体で出会いの場に臨めるよう注意しましょう。

パートナーがいる人へのコンプレックスを見せない

出会いを探すと、家庭がある人やパートナーがいる人へのコンプレックスに悩むことがあります。

しかしコンプレックスを周囲に見せると、自ら出会いを遠ざけることになりかねません。

人は人生を楽しんでいる人に惹かれるものですから、まずは一人の生活を思いっきり楽しんで、周りの家族連れと自分の環境を比べたりしないことをおすすめします。

結婚詐欺やビジネス目的など、金銭の絡む話には重々注意する

50代に限りませんが、焦るあまり変なビジネス勧誘に引っかからないように注意しましょう。

結婚詐欺やビジネス目的の勧誘は、余裕がない人の心につけ込んできます。もしお相手から金銭の相談を持ち掛けられたときは、お断りする勇気を持ってください。

今後良い関係を築こうとするお相手に、重いお金の相談をするのは考えにくいことです。もちろん例外もあるでしょうが「二人のために必要なんだ」なんて言われて安易に騙されないよう注意してください。

50代向けマッチングアプリの選び方

50代がマッチングアプリを利用する際、どのアプリを選べばいいのかわからないという人も多いでしょう。

50代は以下2つのポイントに絞ってマッチングアプリを選ぶことをおすすめします。

50代は同年代が多いものを選ぶ

50代がマッチングアプリを選ぶ際は、40代・50代・60代の利用者が多いアプリを選ぶことがポイントです。

多くのマッチングアプリでは20代〜30代がメイン層であることが多いため、50代がそのようなアプリを選んでしまうとマッチングしにくい可能性があります。

マッチングアプリの公式サイトでは会員データを記載しているため、会員の年齢層を確認した上で50代に適したアプリを選びましょう。

また、マッチングアプリの会員数が多いほど出会いの数も多いため、会員数もチェックするべきです。

出会いの目的に合ったものを選ぶ

50代がマッチングアプリを利用する目的は人によってさまざまです。

「老後に向けて結婚相手を探したい」「久しぶりに恋愛したい」「趣味友達が欲しい」など。

目的に合ったマッチングアプリを選ぶことによって、同じ目的の相手とスムーズに出会うことができます。

プロフィール欄にどのような目的の人と出会いたいのかも明確に記載すると、より出会いやすくなるでしょう。

50代がマッチングアプリを使うメリット・デメリット

50代がマッチングアプリを使うメリットには以下のような点が考えられます。

50代がマッチングアプリを使うメリット

  • 時間や場所関係なくいつでも相手を探せる
  • 数万人規模のアプリが多く出会いがたくさんある
  • 女性は無料で利用できる
  • 男性は月額制だがリーズナブルな価格帯

50代がマッチングアプリを利用するメリットは、アプリを通して気軽にいつでも相手を探すことができること。

50代は仕事で責任のある立場の方が多く忙しいため、わざわざ時間を作って婚活パーティーや街コンに出向くことが難しい場合もあります。

そのような方には時間や場所を問わず、数万人規模の中から相手を探すことができるマッチングアプリが最適です。

マッチングアプリは女性は無料、男性は月額4,000円〜5,000円ほどで利用できるため、婚活パーティーや結婚相談所を利用するよりも安価である点もメリットの一つ。

50代がマッチングアプリを使うデメリット

  • 出会いは多いが相手選びに迷走することがある
  • 最初は見た目や肩書きが重視されやすい
  • 誰かにサポートして欲しい人は不向き

次に、50代がマッチングアプリを利用する際に考えられるデメリットは、多くの出会いがあるぶん何を基準に相手を選べば良いのか迷走してしまうこと。

「自分だけでは決めきれない」「アドバイスをもらいながら進めたい」という方は婚活のプロがサポートしてくれる結婚相談所が最適です。

また、マッチングアプリはメッセージのやり取りをする前に、プロフィールを見てふるいにかけられます。

プロフィールでは写真や職業、年収、趣味などが重視され、最初から中身を見て判断されるわけではないというデメリットもあります。

50代でも出会いのチャンスを掴んで恋愛できる!

50代にも、出会いのチャンスはたくさんあります。同年代の40代〜60代で独身の方を探せば、きっと良い出会いが見つかるはず。

恋愛を楽しむのに、年齢は関係ありません。50歳からでも恋愛を楽しんだっていいのです。

実際2020年には、2万人以上もの50代の方が結婚しました。恋愛を楽しむ同世代の方が、国内には2万人もいると思うと、気持ちが前向きになれますよね。

あなたもぜひ、恋愛への第一歩を踏み出してくださいね。まずは人生を楽しみながら、積極的に出会いの場に行くことから始めましょう。

PR

2024年1月より、恋活・婚活・スポ活マッチングアプリ『エンスポーツ』のサービスを開始いたしました!オープン記念といたしまして、一定期間は男女ともに完全無料でお使いいただけます。

各種アプリストアからダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

エンスポーツの詳細はこちら

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る