出会いがない女性はどうするべき?恋愛のプロに恋活の方法を聞いてみた!

出会い

先日エンスポーツが行った調査によると、社会人になってから「出会いがない」と感じたことのある男女は約90%にも上っています。(※)

そこで今回は「出会いがない女性」を救済するための企画として、女性向けの恋愛・婚活コンサルタントである「菊乃さん」にお話を伺いました!

これまでに約1,000人の婚活・恋活相談に乗ってこられた経験から、出会いがない女性の特徴や、出会いを求める上で女性がやってはいけないことなど、本音でアドバイスして頂きました。

これから「出会い」を探したい女性、必見の内容です!

※ 男女500名を対象としたインターネット調査

菊乃(キクノ)

菊乃(キクノ)

1979年生まれ。恋愛婚活コンサルタント・婚活セミナー講師。相談者の約4割は交際経験がない女性。過去に自身が「干物女」だった経験を活かし、女性累計1,000名にも上る方の恋愛相談に乗っている実力派の先生。著書『あなたのそこがもったいない』他4冊
Twitter:@koakumamt

<聞き手:田窪(エンスポーツマガジン編集部)>

出会いがない女性はなぜ減らないのか?

オンラインでお話を伺いました。
田窪
田窪

女性の「出会いがない」って永遠のテーマだと思うのですが、この辺りいかがでしょうか。

男はもう、場合によってはナンパするとか、頑張って働いて収入を上げるだとか色々あるかもしれませんけど、女性って難しくないです?

菊乃さん
菊乃さん

「出会いがない」って言ってる女性って、その多くは出会いがないんじゃなくて「モテてないだけ」なんですよ。

まわりになんだかんだで男性はいるのに、なかなか男性の目に止まらないから「出会いがない」と感じてしまっている人がほとんどです。

田窪
田窪

…!

菊乃さん
菊乃さん

私へ相談に来てくださる女性の傾向を見るに、出会いがない女性って、そもそもモテたいと思っていないから身だしなみに無頓着な方が多いんです。だから余計に負のループに入っちゃってる。

身だしなみとか見た目について周りが指摘しにくい世の中になった……というのも、時代背景としてもあるかもしれません。

田窪
田窪

なるほど、昔って「もっと髪型とか気を遣ったほうがいいよ」みたいにお節介焼いてくる人が職場にいたイメージですけど、今それやったら大体アウトですもんね。

僕、以前の職場にいたとき先輩に言われたことがあります。そのときはめっちゃ嫌でしたけど、今思えば確かにちょっとありがたかったかも……。

菊乃さん
菊乃さん

そうですよね(笑)

ちなみに私へ相談しにきてくださる方には、一度もお付き合いをしたことのない女性も多いのですが、お友達も同じ属性の方で固まっていることがほとんどです。だから、色々と気づかせてくれる人がいない状態になってる。

それが「出会いがない」と感じる女性が減らない実態なのかなと。

淡々と真実を語る菊乃さん
田窪
田窪

仲人みたいな人もいないし、お節介焼いてくれる人もいないし、環境的に出会いから遠のいてしまっているわけですね。

菊乃さん
菊乃さん

白馬の王子様を待つように「自然な出会い」を求める女性も多いんですが、今はマッチングアプリや婚活サービスを使うのが当たり前の時代ですから、まずは「出会い」に対してもっと積極的に考えて欲しいですね。

出会いがないと悩む女性の特徴

田窪
田窪

では出会いがない女性って、実際どんな感じなんでしょう?もちろん見た目がどうという話だけじゃないですよね。綺麗な方でも相手がいない人はいらっしゃいますし。

菊乃さん
菊乃さん

そうですね、まず出会いがない女性は「まったく行動していない」「変な方向に行動してしまっている」か、どちらかです。

全体的には、失敗を怖がって行動できていない方が多いのかなと思います。

田窪
田窪

なるほど。失敗したくないから行動しないのは、日本人っぽいですね。

菊乃さん
菊乃さん

そうかもしれません。ただ行動しても努力の方向性が違っていると結果が出ません。その行動がきちんと出会いに向いているのか、見直してみていただきたいですね。

神頼みしがち

菊乃さん
菊乃さん

よく相談者さんに「出会いを増やすために、これまでどんなことをされてきましたか?」と聞くのですが……一番多い答えってなんだと思います?

田窪
田窪

なんでしょう。美容院にいくとか、婚活パーティーに行くとかですか?

菊乃さん
菊乃さん

正解は「縁結びの神社にお参り」です。

予想外のワードにブレる
菊乃さん
菊乃さん

例えば「3回目のデートだし、そろそろ告白されたい」とか、神頼みをしたい場面でお参りに行くのとかは可愛いじゃないですか。

でもだいたいの方は、パワースポットは巡るけど出会いの場にも行かないし、髪も服も整えてない。これはダメです。

田窪
田窪

なるほど……とにかく神様に願って、良い相手が来るのを待っているんですね。

菊乃さん
菊乃さん

はい。もちろんお参りを一切やめた方が良いなんてことは言いませんが「あくまで出会いに結びつく行動をした上で神頼みしましょうね」と、皆さんにお伝えしています。

受け身で「行けたら行く」って言いがち

菊乃さん
菊乃さん

あと「行けたら行く」が口癖になってる人も多いですね。例えば女性の友達から「男友達とバーベキューするけどこない?」って誘われたときに「う〜ん、行けたら行く」はダメです。次から誘われにくくなりますから。

田窪
田窪

確かに「迷惑なのかな」と思って誘いにくくなるかもしれません。意思表示の仕方ってことですかね?

菊乃さん
菊乃さん

はい。出会いがないと感じている女性の多くが「ガツガツして出会いを求めるのはちょっと嫌だな」とマイナスイメージを持っている節がありますが、これはダメです。

アグレッシブにならないと、出会いなんて見つかりません。

田窪
田窪

それは男でもそうかもしれません。結果的にアグレッシブな人の方がモテますよね。性格的なものもあるとは思いますが。

菊乃さん
菊乃さん

もし断るにせよ「ありがとう!でもその日は予定があるから次は行きたい」とか「バーベキューは苦手だけど、今度飲みとかあったらぜひ誘って」なのか、色々ありますよね。

受け身じゃなく、せめてまわりに「出会いたい」と意思表示していくべきです。

身だしなみに無頓着である

菊乃さん
菊乃さん

あとはやっぱり見た目です。無頓着な方が多いですね。

田窪
田窪

それって見た目の良し悪しというよりも、清潔感とか、身だしなみとか、そういう最低限のところに気を遣ってるかどうかってことですよね?たぶん……

菊乃さん
菊乃さん

問題なのが、本人が気を使っているつもりになっていることです。時代遅れのお化粧で変だったり、塗りすぎていたりしてメイクが下手でも、デパートコスメや人気コスメを使っていると『ちゃんとしている』『できている』つもりになってしまう。

反応に困る話題が多い。
田窪
田窪

そういうのもあるんですね……ちょっと男にはわからない世界だ。

菊乃さん
菊乃さん

はい。ちなみに髪の毛だと、前髪だけ自分でパッツンに切ってる方もいらっしゃいました。そんな方に限って「あまり自分に似合う服がない」とおっしゃるんですが、髪型のせいですよとお伝えしています。

「損したくないマインド」が強め

菊乃さん
菊乃さん

あとは「損したくないマインド」が強い方が多いですね。

田窪
田窪

(無限に出てくるけど大丈夫か?)

と言いますと?

菊乃さん
菊乃さん

例えば合コンに誘われたときに「いい人くるの?」って聞いてくる人いません?

田窪
田窪

なるほど。それは男でもいたかもしれません。「可愛い子いるならいく」とか……。

菊乃さん
菊乃さん

これって幹事からすると「いやそんなこと言われても知らねえよ」って思いますよね。こっちのメンバーはわかるけど、相手のメンバーなんて大体のスペックくらいしかわかりません。

でもとにかく損したくないから「いい人がいるならいく」というスタンスで、美味しいところだけ取ろうとする。これでは誘われなくなります。

田窪
田窪

そう言われるとそうなのかも……。

菊乃さん
菊乃さん

出会いに対して前のめりになるくらいが丁度良いんですよ。

出会いがない女性が今からやるべきこと

田窪
田窪

お話を聞いてると、なんだか自分のことのように胸が痛くなってきました……。

ではそんな「出会いがない女性」が、今からやるべきことを教えてください。

菊乃さん
菊乃さん

はい。まずは行動あるのみです!

「自然な出会いが至高だ」という考えを捨てる

菊乃さん
菊乃さん

まず「やっぱり彼氏を作るなら自然な出会いじゃないとね。マッチングアプリなんて変な男ばっかりでしょ?」なんて考えを捨てるところからです。

ちなみに、芸能人の綺麗な女性の方がマッチングアプリで出会った方と交際してるってニュース見ましたか?

田窪
田窪

見ました!男からすれば夢が広がるニュースですよね。

相手の男、こんな顔になったと思う
菊乃さん
菊乃さん

あと女性アナウンサーでも、マッチングアプリを使うことは多いみたいです。つまり出会いがない女性は「芸能人や女性アナも、マッチングアプリを使わないといい人が見つからない時代なんだ」って考えなきゃいけないんです。

まずは自然な出会いに憧れるのをやめて、何かのサービスを使って出会いを探すのが当たり前なマインドにならないといけません。

田窪
田窪

なるほど……確かに昔はマッチングアプリってあまりイメージ良くなかったんですけど、最近はもうみんなSNS感覚で使ってますもんね。

菊乃さん
菊乃さん

しかも出会いがない人ほど「まあ最悪マッチングアプリさえ使えば出会えるでしょ」って、最後の砦みたいに考えている傾向にあります。

残念ながらアプリとか婚活サービスはあくまでスタートラインで「ライバルに女子アナがいるんだ」と認識しなきゃいけません。まずはそこからです。

田窪
田窪

そう考えると、女性の出会いって結構大変な気がしてきました……。

年相応の身だしなみへとアップデートする

菊乃さん
菊乃さん

次に見た目です。私が実際にご相談に乗るときも、まずは年相応のメイクとファッションにアップデートしていただくようアドバイスしています。

田窪
田窪

なるほど。マインドの次は見た目ですね。

菊乃さん
菊乃さん

もし一度もメイクを習ったことがないなら、ちゃんとお金を出してメイクレッスンを受けるのがおすすめです。髪の毛は美容師さんに相談して、服だって一緒です。昔の感覚のままでいないで、アップデートすることが大切です。

あと……今は髪型が一番重要かもしれません。マスクですから。

田窪
田窪

……たしかに!

あまり口元とかは見えないから、髪型大切ですね。

菊乃さん
菊乃さん

はい。だいたいマスクをした状態で出会うことになりますので、メイクよりも髪型に力を入れた方が良いかもしれませんね。もちろんメイクを手抜きして良いというわけではなくて、優先順位の話です。

普段から「モテ」を意識する

菊乃さん
菊乃さん

あと、見た目を整えるのを「婚活パーティーの日だけ」とか「合コンの日だけ」とか、勝負日だけにしてしまう方がいます。これは良くありません。

田窪
田窪

それはなんとなくわかります。学生の頃とか、バレンタインデーだけワックスつけてる男がいましたけど、普段からちゃんとしてないとチョコ貰えませんもんね……。

気づいたのは大人になってから。
菊乃さん
菊乃さん

そうです。普段から気をつけていないと、出会いはなかなかやってこないんです。

ちなみにリクルート社の調査では、2020年に結婚した人のうち、婚活サービスを利用していた方が33%いらっしゃいました。でも実際に婚活サービス経由で結婚した人は16%だけだったんです。

田窪
田窪

…?なるほど。どういうことでしょう。

菊乃さん
菊乃さん

つまり婚活サービスを利用していながらも、結果的に他の場所で出会って結婚した方が半数もいたということになります。

田窪
田窪

…!

菊乃さん
菊乃さん

「全然出会いがないんです」と相談に来ていただいた女性で、実際に身だしなみを整えたり、積極的に出会いを探し始めてから、結局以前から知り合いだった職場の男性とくっついた方がいらっしゃいます。

自分が変われば、思わぬところから出会いって降ってくるんですよね。

田窪
田窪

なるほど。だから普段から「モテ」を意識して、どんなときでもアンテナを張っておくことが大切なんですね。

菊乃さん
菊乃さん

ちなみにその方は、元々「職場なんて絶対無理!」とおっしゃっていました。結局、出会いってそんなものです。

男性の好意クラッシュをやめる

菊乃さん
菊乃さん

あと一番多いのが「男性の好意クラッシャー」です。知らず知らずのうちに、自ら出会いのチャンスを潰してしまっている女性がとても多いんですよね。

例えば男性から「荷物持とうか?」って言われたときに、遠慮して「いやいや悪いからいいよ」って断る女性。これはすぐにあらためるべきです。

田窪
田窪

確かに男からしたら、それを断られると「あ、今のキモかったかな」って後で凹みますもんね。

本当に嫌なら断ったら良いと思いますけど、遠慮してるだけだったら甘えてくれた方がいいかも。

菊乃さん
菊乃さん

そうですよね。仮に遠慮じゃなくて本当にお願いできない案件だったとしても、せめて「ありがとう」ですよね。好意や厚意に対してお礼を言って、甘えるところは甘える。

それが「隙を見せる」ということですし、自然と出会いが増えていくコツです。

田窪
田窪

それは絶対その方がいいですね。誰も損しませんし。

マスクをとってプロフィール写真を撮る

菊乃さん
菊乃さん

最後にひとつ。プロフィール写真はマスクを取ってプロに撮ってもらいましょう。

写真はいろんなところで使いますから。

田窪
田窪

マスク写真はダメですか。

菊乃さん
菊乃さん

ダメです。だってマッチングアプリでもなんでも、普通にかわいい顔を出してる女の子が沢山いるんですよ。そんなライバルがいる中で「恥ずかしい」とか「ネットにアップするの怖い」なんて思って素顔を出さないのはナンセンスです。

出会いはそんな甘いもんじゃありません。

「甘いもんじゃないよ」と、いい笑顔の菊乃さん
田窪
田窪

でも自信がない人はどうすればいいですか?自分の顔をアップするのはなかなか勇気が出ない方も多いですよね。

菊乃さん
菊乃さん

そこでプロに頼むんです。

写真館に行けばプロフィール写真を撮ってくれるのはもちろんですけど、今はマッチングアプリ用の写真撮影サービスだって沢山ありますから。自然に雰囲気の出る写真を撮ってもらえますよ。

田窪
田窪

確かに……少なくとも自撮りじゃなくて誰かに撮ってもらった写真の方が自然でいいですね。プロならなおさら。

菊乃さん
菊乃さん

こういったネットリテラシーのようなところも、ファッションとかメイクと一緒にアップデートしていただきたいですね。

出会いがない女性はどこで出会いを探すべき?

田窪
田窪

では次に、とにかく身だしなみを見直したり、なんだかんだとやってみた女性が実際に出会いを探すにはどうすればいいでしょう?

菊乃さん
菊乃さん

そうですね。まずは前提として、普段から意識して日常生活の中でアンテナを張っておくのが大切です。

その上で、実際におすすめできる出会いの場は4つくらいでしょうか。

マッチングアプリ|まずはスタートラインに立つ

菊乃さん
菊乃さん

まずはマッチングアプリです。これは外せません。今は本当にみなさん使ってますから、登録してスタート地点に立ちましょう。

田窪
田窪

なるほど。まずはマッチングアプリで出会いを探してみると。

菊乃さん
菊乃さん

マッチングアプリは種類も沢山ありますから、例えば趣味から出会いたい、地方で出会いたい、年齢層高め同士で出会いたいとか、目的によって使い分けるのが大切です。

ご自身の求めるものにあったアプリを使いましょう。

結婚相談所|冷静に相場を知るならココ

菊乃さん
菊乃さん

ちなみにマッチングアプリって、女性は「いいね」を沢山もらえるから「私モテるじゃん!」と勘違いしちゃうことがあります。

でも「いいね」ってあくまで軽い挨拶みたいなものですから、そこで自分を高く見積りすぎるのは良くありません。

その点、フラットに見てもらうには結婚相談所が一番です。

田窪
田窪

なるほど……ご自身に興味を示す男性がどのくらいいるのかとか、そういうのを測るのにも結婚相談所は役立つというわけですか。

菊乃さん
菊乃さん

もちろんそのまま成約まで面倒を見てもらうのもいいと思います。

そうじゃなくても、まず相談してみるのは良いかもしれません。色々と併用してみると良いですね。

婚活パーティー|女性参加者が少なくて穴場

菊乃さん
菊乃さん

婚活関連の仕事をしている知り合い談ですが、婚活パーティーもなかなかおすすめできそうです。

田窪
田窪

婚活パーティーも、だいぶ一般的になりましたね。

菊乃さん
菊乃さん

婚活パーティーだと、今本当に女性が少ないみたいで。女性が揃わなくて中止になっちゃうこともあるみたいなのですが、その分参加さえすればモテる可能性があります。

自分に自信がない方ほど、婚活パーティーは狙い目かもしれません。

オンラインゲーム|趣味の出会いが増えている

菊乃さん
菊乃さん

あと最近まわりでちらほら聞くのが「オンラインゲームで出会って結婚した人」です。

田窪
田窪

…!

確かに増えてるかも!僕の知り合いにも、ゲームで知り合って付き合ってる人がいます。

菊乃さん
菊乃さん

そうですよね。ゲームに限らずオンラインで何か一緒に趣味を楽しんで、その延長線上で出会いに繋がるのは、なかなか穴場かもしれません。

出会いがない女性が注意すべきこと

田窪
田窪

最後に、出会いがない女性がやってしまいがちな失敗とか「こういうことはやめた方がいいよ」みたいなことを教えていただけますか?

菊乃さん
菊乃さん

わかりました。ここは沢山ありますので、特にやっちゃう方が多いものをご紹介していきます。

女子会に逃げない

菊乃さん
菊乃さん

まずは女子会。これはやめましょう。

出会いがない女子同士で集まると「みんな同じだし、まあいっか」と気が緩んでしまいます。

楽しそうだけど、ダメみたい。
菊乃さん
菊乃さん

もちろんたまに集まって楽しむのは良いですよ。でも出会いがない女子のグループって「抜け駆けを禁止する空気」みたいなのが出てくるんですよね……。

そんなのはやめて、真剣に出会いを探していくことをおすすめします。

田窪
田窪

なるほど……これも男にはわからない世界ですね。

親の意見を聞きすぎない

菊乃さん
菊乃さん

相談者さんに多いのが、ものすごくお母さんと仲が良い方です。買い物も旅行も食事も母親と行く。

悪いとは言いませんが、残念ながらこのタイプの方ほど出会いがないと嘆いている傾向にあります。

田窪
田窪

特に最近って、親と仲良い女性多いですよね。個人的には男だとちょっとマザコンっぽいなと思いますけど、女性は良いのかなと思っていました。ダメなんですね。

菊乃さん
菊乃さん

親ほど子供のことを高く見積もる存在っていないんです。例えば私の相談者さんで、40代で初めて彼氏ができて結婚まで進んだ方がいるんですけど……。

その方、お母さんからなんて言われたと思います?

田窪
田窪

さすがに祝福されたんじゃないんですか?親からすれば嬉しいですよね。

菊乃さん
菊乃さん

「あんた、医者とかじゃなくていいの?」って言われたんです。

それは苦笑いしかできない
菊乃さん
菊乃さん

「うちの子は可愛いから医者くらい余裕で捕まえられるでしょ?」みたいに思っていたみたいで、親の贔屓目ってすごいんですよね。

だからあまり親とばかり一緒に行動すると、認識が合わなくなることが多いんです。出会いを求める上で、これはよくありません。

田窪
田窪

確かに僕の母親も、僕のことめちゃくちゃイケメンだと思ってる節があるかもしれません。現実は残酷なのに。あ、でも妻も誉めてくれますよ。

菊乃さん
菊乃さん

いい奥さんですね!(笑)

とにかく出会いを求める女性は、親と一緒に行動しすぎるのはセーブしましょう。特に恋愛まわりは、第三者の視点から冷静に見てもらうべきです。

男性アイドルヲタアピールをしない

菊乃さん
菊乃さん

あとはちょっと敵を増やしそうで言いにくいのですが……。イケメン男性グループとかの追っかけをしているのは隠すべきです。

やめなくてもいいけど、せめて隠す。

田窪
田窪

…!

それは確かに。イケメン追いかけてたら、普通の男だと「俺じゃ無理だな」って思いますもん。

でも本当にイケメンと付き合いたいなら、フィルターになって良いのかも……?

菊乃さん
菊乃さん

ダメです。隠しましょう(笑)

例えばSNSのアカウントを分けてしまうとか、外から見える部分には、一切の気配を出さないことをお勧めします。出会いを求めるなら。

SNSでおしゃれアピールしない

菊乃さん
菊乃さん

あと例えば「ホテルのカフェでアフタヌーンティーしてきました♪」ってグッチのバッグと紅茶の写った写メをSNSにあげてる女性、どう思います?

田窪
田窪

めっちゃ答えにくいですけど、個人的にはちょっと怖いです。

菊乃さん
菊乃さん

そうですよね。おしゃれな生活を見せたい気持ちはわかるんですけど、一般的な出会いを探すならやめておくことをおすすめします。

男性からすると、途端にハードルが上がります。

神社めぐりの前に行動する!

菊乃さん
菊乃さん

あとは再度のお願いになりますが、神頼みの前に行動しましょう。

まずは出会いに対するマインドを変えて、身だしなみを整えて、もう自分の力でどうしようもないところだけスピリチュアルに頼る。

これが基本です。

田窪
田窪

行動して自分が変わらないと、結局意味ありませんもんね。

菊乃さん
菊乃さん

まずは行動!

そうしたら、きっと良い出会いに巡り会えますよ。

まとめ

女性が出会いを探すには、アグレッシブさが大切だということがわかりました。

しかしそれだけ受け身な女性が多いということは、ちょっと頑張ればライバルを出し抜けることにも他なりません。もちろん「自然な出会い」があるにこしたことはありませんが、やはり自分から変わり、動き出すことが大切です。

まずは身だしなみをチェックしてみて、マッチングアプリや婚活サービスなども利用しながら、ぜひ素敵な出会いを実現していって下さいね。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る

PICK UP.

  • マッチングアプリで成功率が高いデートの誘い方。適切なタイミングや流れを解説

  • スポーツ女子がモテる理由7選。相性の良い男性や、出会いを探す方法も紹介

  • マッチョって本当にモテるの?マッチョ好き女子にその魅力を聞いてみた!

    マッチョはなぜモテるの?マッチョ好き女子に筋肉の魅力を聞いてみた!

  • 登山サークルに出会いはある?出会いがあると言われる理由やサークルの選び方を紹介

    登山サークルに出会いはある? 出会いがあると言われる理由やサークルの選び方を紹介

NEW.

  • マッチングアプリで2通目のメッセージに返信をもらうコツ。例文や注意点も掲載!

  • ランニングデートにおすすめの服装は?デートの魅力や気をつけることも紹介

    ランニングデートの魅力とは?おすすめの服装やデート中に気をつけることも紹介

  • バレー部女子はモテる?魅力や性格、相性の良い男性のタイプを紹介

  • バスケサークルに出会いはある?恋愛事情やサークル選びのコツを解説