サーフィンデートの魅力とは?服装や楽しみ方を解説

デート
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

「いつもと違ったデートを楽しみたい」。そんな方におすすめなのがサーフィンデート。

サーフィンデートは初心者でも楽しめるポイントやお相手との距離が近づくチャンスが多いため、付き合ったばかりのカップルにもおすすめのプランです。

またサーフィンができるようになると、2人の共通の趣味になるかもしれません。

当記事では、サーフィンデートの魅力や楽しむためのコツを紹介します。注意点にも触れていますから、ぜひお相手とのサーフィンデートを楽しんでくださいね。

サーフィンデートの魅力

サーフィンデートは、お相手と仲良くなりたい方にぴったりのプラン。

お相手との距離が近づきやすいサーフィンデートの魅力を、くわしく紹介します。

サーフィンデートの魅力

  • サーフィンを教えてもらうことで距離が縮まりやすい
  • 波に乗ったかっこいい姿が見られる
  • 初めて波に乗れたときの感動を共有できる

サーフィンを教えてもらうことで距離が縮まりやすい

サーフィンデートの魅力は、サーフィンを教えてもらうことで距離が縮まりやすいこと。

波を乗りこなすには絶妙なバランス感覚が求められるため、サーフィンはコツが必要なスポーツです。初心者であれば、ボードの乗り方や扱い方もわからないことでしょう。

しかしお相手に手取り足取り教えてもらうことで、物理的な距離も近くなります。

海の開放的な雰囲気も相まって、自然と仲も深まりやすいのがおすすめできるポイントです。

波に乗ったかっこいい姿が見られる

波に乗ったかっこいい姿が見られるのも、サーフィンデートの魅力のひとつです。

日常生活では見られないような躍動感のある姿を間近で見られるため、新鮮な気分を味わえます。

また「かっこいい!」「すごい!」など、思ったことをきちんと伝えることで、お相手の自信につながるのはもちろん、好印象をあたえられるはずです。

思っていることは、意外と伝わっていないもの。恥ずかしがらずに口に出し、想いを伝えてみてください。

初めて波に乗れたときの感動を共有できる

波に乗れたときの喜びや感動を好きな人と共有できるのも、サーフィンデートならではの魅力です。

初めて波に乗れたときの感覚は今でも覚えている」と語るサーファーは多く、その瞬間を恋人と一緒に経験できると素敵な思い出になるでしょう。

また初めて波に乗れたタイミングは、サーフィンの楽しさや奥深さがわかる瞬間でもあります。

お相手から教わったことを実践して波に乗れれば、充実したデートになるでしょう。

初心者は要チェック!サーフィンデートに適した服装や髪型、持ち物

続いては、サーフィンデートの服装や髪型、持ち物を紹介します。

サーフィンデートでは、服装や持ち物にも気を遣うこともポイントのひとつです。身だしなみや持ち物にも気を配ることで、お相手に好印象をあたえられるはず。

以下の内容を把握し、サーフィンデートの準備を済ませてくださいね。

サーフィンデートの服装や髪型、持ち物

  • 脱ぎ着しやすい服装がおすすめ
  • 邪魔にならない髪型がベター
  • 着替え用のポンチョがあると便利

脱ぎ着しやすい服装がおすすめ

サーフィンデートには、脱ぎ着しやすい服装で向かうのがおすすめ。

海に着いたらウェットスーツに着替えるのが一般的ですが、その時間はお相手と一緒に過ごせない時間です。すぐに脱着できる服装ならば、好きな人を待たせずに済むでしょう。

また砂や海水で汚れてしまう可能性もあるため、汚れてもいいような服装を選んでみてください。他にもかるく羽織れるものもあると、ちょっとした休憩の際に重宝しますよ。

邪魔にならない髪型がベター

サーフィンデートでは、邪魔にならない髪型がおすすめです。海に入り髪が濡れると、顔に張り付いてしまい、サーフィンに集中できません。

女性の場合、ポニーテールやお団子は邪魔になりづらく、元気な印象も海のシチュエーションにぴったりです。

男性の場合、ショートであればどんな髪型でも構いません。

とはいえ塩水に濡れると、髪にダメージがかかることも考えられます。髪へのダメージが気になる方は、洗い流さないトリートメントを持参し、現地でもケアすることをおすすめします。

着替え用のポンチョがあると便利

サーフィンデートに行くときは、着替え用のポンチョを持っていくと便利です。

更衣室が有料の場合や不衛生であることも多いため、ポンチョがあれば場所を選ばずに着替えやすいでしょう。

ゆったりとしたポンチョがあれば、ひと目の付かない場所でさっと着替えを済ませられます。

もちろん青空の下で着替えるのに抵抗があるかもしれません。しかしポンチョは、寒さ対策やタオルの代わりとしても使用できますから、1枚持っておくと何かと重宝しますよ。

サーフィンデートの楽しみ方

ここでは、サーフィンデートの楽しみ方を紹介します。

せっかくサーフィンデートに行くのですから、思いっきり楽しみたいものですよね。しかしサーフィンが初めての場合、どう過ごせば良いのかわからないかもしれません。

ここで紹介する内容を参考に、お相手とのサーフィンデートを楽しんでみてください。

サーフィンデートの楽しみ方

  • 早朝の時間からサーフィンを楽しもう
  • サーフィンの基本マナーは知っておこう
  • 波に乗る感覚を覚えよう
  • お互いの姿を写真で撮ろう

早朝の時間からサーフィンを楽しもう

サーフィンデートでは、早朝7時ころから集合するプランをおすすめします。一例ですが、サーフィンデートのプランを下記に示します。

サーフィンデートのプラン

  • 7時…集合、サーフィンスタート
  • 10時…海の家などで食事
  • 12時…海岸線や観光名所をぶらぶら
  • 17時…解散

風の影響も受けづらく、他のサーファーも少ないため、早朝の時間からサーフィンデートをスタートするのがおすすめ。サーフィンはバランス感覚を必要とするため、2〜3時間もすれば十分に満足できるでしょう。

サーフィンを終える10時ころに、海の家などでグルメを食べ、夏の季節感を満喫するといいでしょう。食事を終えたら海岸線をぶらぶらするもよし、近くに観光名所などのデートスポットがあるなら寄るもよし

サーフィンで汗を流した後ですから、風の一吹きが爽やかに感じられることでしょう。

朝は早いプランですから、17時ころに解散するのがちょうどいいかもしれませんね。

サーフィンの基本マナーは知っておこう

サーフィンデートを楽しむためにも、サーフィンの基本マナーをおさえることが大切です。

たとえばサーフィンには、1本の波に対して1人しか乗ってはいけないという暗黙のルールがあります。

また他のサーファーの邪魔にならないよう、周りに配慮しなければなりません。

とくに初心者の場合、サーフィンの作法がわからないはずです。事故を未然に防ぐためにも、サーフィンのルールを把握することをおすすめします。

サーフィンのマナー

  • 1つの波に対して1人のみ
  • 他のサーファーの真後ろを泳がない
  • 他のサーファーにぶつからないルートを選ぶ
  • 危ないシーンでは声をかける
  • 両手を振らない(これはヘルプのサイン)

波に乗る感覚を覚えよう

サーフィンデートを楽しむためにも、波を見極めたり波に乗る感覚を覚えたりすることを意識してみてください。

波を見極められれば、自分が乗れるかそうでないかが判断しやすくなり、よりサーフィンを楽しめるようになります。

お相手からすれば、あなたが心からサーフィンを楽しんでくれたらうれしいはずです。

また波に乗る感覚を覚えると「感覚を忘れないうちにまたサーフィンしに行こうよ」と、次のデートにもつなげやすくなります。ただ波に乗るだけではなく、上達する意識で取り組んでみてください。

お互いの姿を写真で撮ろう

お互いの姿を写真や動画で撮影し合うのは、サーフィンデートの定番の楽しみ方。思い出づくりになるのはもちろん、サーフィンの技術の向上にも役立ちます。

たとえば撮影した動画をみながらライディングの姿勢をチェックすると、改善点が見えてくるかもしれません。

また「かっこいいね」とお相手を褒めたりなど、会話のきっかけづくりにも有効です。

ただしカメラに向かって両手を振ると、救助のサインと混同される場合もありますから、手を振るときは注意しましょう。

サーフィンデートの注意点

ここではサーフィンデートの注意点を紹介します。

サーフィンデートを微妙な雰囲気で終えないためにも、以下の項目に配慮してみてください。

サーフィンデートの注意点

  • お相手と一緒が基本!サーフィンを1人で楽しまない
  • 波がなくてもテンションを下げない
  • 他のサーファーに注目しすぎない

お相手と一緒が基本!サーフィンを1人で楽しまない

サーフィンに熱中すること自体は良いことですが、お相手を置き去りにしないよう注意が必要です。

1人で波を探しに行ったり、お相手が疲れているのに無理やり波に誘ったりすると、お相手はマイナスな印象を抱くことでしょう。

せっかくのデートにもかかわらず、お相手が楽しめなければ本末転倒ですよね。

サーフィンデートの目的は、2人で一緒にサーフィンを楽しむこと。波に乗りたい気持ちをぐっとこらえ、ときおり「疲れてない?ちょっと休憩しようか?」とお相手への気遣いを忘れないようにしましょう。

波がなくてもテンションを下げない

サーフィンは自然が相手ですから、いい波が来るとはかぎりません。たとえご自身に合った波が来なくても、テンションを下げるのはおすすめできません。

その場の空気が悪くなるだけではなく、「サーフィン楽しくないのかな…」と、お相手を不安にさせてしまう可能性もあります。

もちろん無理に明るく振る舞う必要はありませんが、常にコミュニケーションを取るように心がけることが大切です。

「波が来ないね〜」と言ってみたり、「そういえばこないだ食べたイタリアンがすごく美味しかったから、今度一緒に行こうよ!」と日常会話を交わしたりしてもかまいません。

他にもパドリングやドルフィンスルーなど、サーフィンの練習に取り組むのも良いですね。

波がないタイミングを活用して、お相手との仲を深めてみてください。

他のサーファーに注目しすぎない

サーフィンデートでは、他のサーファーに注目しすぎないことをおすすめします。

海には激しい波を華麗に乗りこなすサーファーや、スタイルの良いサーファーなど、魅力的な方がたくさんいます。

しかしもし、ご自身が他のサーファーに釘づけのシーンをお相手が見てしまったら、あまりいい気持ちはしないはずです。

他のサーファーへの視線はほどほどに、お相手が波に乗る姿を目に焼き付けてはいかがでしょうか。

よくある質問

最後に、サーフィンデートに関するよくある質問に回答します。

Q.サーフィンが趣味の彼氏に付き添う予定です。注意点は?

サーフィン好きの彼氏に付き添って海に行くなら、あなたが1人でも楽しめるよう準備するのがおすすめ。

たとえば読みかけの本を持っていく、VODで映画を1本ダウンロードしておくなど、暇にならないよう対策しておきましょう。

もしもサーフィンに飽きてしまったら、彼氏が気を遣わないよう「ちょっと疲れちゃったから休むね。私は映画観てるから、気にしないでサーフィン続けて!」と一声かけてはいかがでしょうか。

まとめ

サーフィンデートは初心者でも楽しみやすく、お相手と仲良くなれるチャンスが豊富なプランです。

波に乗れるようになると次第にサーフィンが楽しくなり、お互いの共通の趣味になるかもしれません。サーフィンに真剣に取り組み、お相手とのサーフィンデートを楽しんでくださいね。

他のアクティブデートを検討したい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る