登山デートの魅力とは?付き合う前のカップルにはあり?

デート
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部
登山デートの魅力とは?服装やメイク、デートの注意点も紹介

登山デートは、普段なかなか味わえない非日常を体験できるデートプランです。

街中ではとうてい目にできない絶景スポットを望む、2人だけの特別な時間を共有できる素敵なデート。自然と会話が弾んで盛り上がるため、付き合いはじめのカップルにもおすすめです。

とはいえ「登山デートってどうなの?楽しいの?」「付き合う前の登山デートはあり?」と疑問に思うはずです。

そこで当記事では、登山デートの魅力や楽しみ方を紹介します。おすすめの服装や注意点などもまとめましたので、ぜひ登山デートを楽しんでください。

登山デートの魅力やメリット

ハイキングデートの魅力やメリット

登山デートは日常生活ではなかなか味わえない、非日常を体験できるデートプランです。

気軽にアウトドアを満喫できるため、普段とは異なる雰囲気のデートを楽しみたい方にぴったり。まずは、登山デートの魅力を詳しく紹介します。

登山デートの魅力

  • 自然や景色を満喫できるデートスポット
  • 山頂で達成感を一緒に味わえる
  • 温泉へのお泊まりデートも人気

自然や景色を満喫できるデートスポット

登山デートの魅力は、自然を満喫できるところ。

自然の豊かさを感じられる登山は、気分転換にもおすすめです。緑が広がる景色を目の当たりにすれば、日頃の悩みも忘れて一日を過ごせるはず。

普段街中でのデートが多いカップルなら、登山デートで新鮮さを味わえるでしょう。都会の喧騒から離れて、お相手との時間をゆったりと味わってみてください。

絶景スポットを見つけて写真を撮るなど、さまざまな方法で自然を楽しめますよ。

山頂で達成感を一緒に味わえる

登山デートでは、登山でしか味わえない達成感に魅了される人も多くいらっしゃいます。登山にはまる人の中には、目標達成する喜びを味わいたいと思う方も少なくありません。

またお相手と一緒に目標達成できる感覚は、登山デートならではの魅力です。新鮮なのはもちろん、登頂した気持ちの高ぶりから、山頂で告白するパターンもあるんだとか。

「告白するタイミングが見つからない」と悩む方にぴったりのデートプランとも言えるでしょう。

温泉へのお泊まりデートも人気

登山デートは温泉が近くにあるエリアで登山するなど、2人でゆっくり過ごせるプランを計画できるのも人気です。

旅行気分で、のんびりとした時間を過ごしたいカップルにもおすすめです。場所によっては、温泉が完備されていたり、登山以外を楽しめたりする施設も。

宿泊を伴う登山デートをプランニングすれば、いつもとは違うお相手の魅力が発見でき、さらに親密度を高められるでしょう。

登山や温泉などがお互いの趣味になれば、お相手と過ごす時間もさらに充実したものになりますね。

登山デートの服装やコーデ、メイクのポイント

山登りデートの服装やコーデ、メイクのポイント

登山デートはスキニーやブーツなど、普段のデートと同じファッションでは楽しめません。登山デートに適した服装やメイクなどを紹介しますから、あらかじめ理解しましょう。

登山デートの服装や髪型

  • 動きやすさと体温調節を重視する
  • 動いても気にならないヘアスタイルにする
  • トレッキングシューズを用意する
  • 日焼け対策、ベースメイクは入念に

動きやすさと体温調節を重視する

アップダウンが多く長時間歩く登山は、動きやすさと体温調節を重視した服装がベター。

そのなかでも、歩きやすいストレッチ性のあるパンツがおすすめです。さらに厚みのある素材であれば、汚れてもさほど気になりません。

また山の天候は変わりやすく、気温の変化も考えられるため、羽織りやすいアウターや重ね着できるアイテムを用意しましょう。

動いても気にならないヘアスタイルにする

登山デートには、動いても気にならないヘアスタイルがおすすめ。

ロングヘアの場合は髪をまとめれば、ザックにぶつかる心配もないうえ、清潔感も演出できるはずです。

またヘアバンドターバンを付けることで、アクティブなイメージを見せられるのはもちろん、ヘアスタイルのキープにも役立ちます。ちょっとしたアレンジやアイテムを加えて、2人きりの登山デートを楽しみましょう。

トレッキングシューズを用意する

登山は斜面を登ることも多いため、機能性の高いトレッキングシューズを用意しましょう。

トレッキングシューズには、デザイン性に富んだ商品も多数あり、ウェアに合わせて選べます。ウェアと色合いを合わせることで、トータルコーディネートを楽しめるのも魅力的。

登山デートを快適に楽しむためにも、安定して歩けるトレッキングシューズは必須アイテムです。

日焼け対策、ベースメイクは入念に

山では直射日光が当たることもあるため、十分に日焼け対策することをおすすめします。

季節を問わず、ベースメイクの前に日焼け止めを塗っておきましょう。最近では、日焼け止めと化粧下地の機能がひとつになったアイテムもあります。またメイク崩れやメイクの落としやすさを考えると、ナチュラルメイクがおすすめ。

登山デートで汗をかいても気にしないよう、日焼け対策とメイクは入念に行っておきましょう。

登山デートの楽しみ方

異性と2人で山登りの作法

登山デートでは、事前の準備や心構えを理解するのが大切です。ここではお相手との距離を縮めるために、登山デートの楽しみ方を詳しく紹介します。

登山デートの楽しみ方

  • 必要な持ち物などの事前準備をしよう
  • デートの計画も一緒に立てる
  • 悪天候の場合のデートプランも計画しておく
  • お相手が登山初心者なら無理せず休憩する
  • 手をつなげるチャンスを逃さない
  • 2人の思い出や景色を写真に残す
  • 山頂で山ごはんを作ってみる

必要な持ち物などの事前準備をしよう

登山デートは普段とは異なる環境のため、必要なものは事前に準備しておきましょう。

水や飴、チョコなどの食品から、レインウェアやタオルなど、必要なものはリストアップしましょう。また万が一の怪我や体調不良に備えて、絆創膏や薬などを持参すると、いざという時に役立ちます。

事前準備を済ませ、登山デート中のトラブルに対処できるようにしておきましょう。下記に登山に必要な持ち物をまとめますから、ぜひ参考にしてくださいね。

登山デートに必要な持ち物

  • トレッキングシューズ
  • リュック
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • レインコート
  • 着替え
  • フェイスタオル
  • ポケットティッシュ
  • 飲み物やお菓子
  • ビニール袋
  • 絆創膏
  • コンパス
  • モバイルバッテリー

デートの計画も一緒に立てる

せっかく登山デートに行くのなら、デートの計画も2人で立ててはいかがでしょうか。

  • どの山に登るのか
  • 食事はどこでとるか
  • 温泉などの施設に寄るか

登山デートは自由度も高いため、どちらか一方の意見を採用するよりも、お互いに相談しながらデートプランを決めていくのがおすすめです。

学校祭の準備期間が楽しかったように、デートの計画もワクワクするものです。準備期間もあわせて、登山デートを思いっきり満喫してみてくださいね。

悪天候の場合のデートプランも計画しておく

登山は屋外のアクティビティですから、天候や気温が重要な要素のひとつです。

雨天などの悪天候のほか、気温が低い、あるいは高いなど適温でない場合など、登山デートを延期すべきシチュエーションになることも考えられます。

無理に山へ向かって大変な思いをするよりも、勇気を持って別のプランを選択するほうが楽しい時間を過ごせるはずです。

ただしデート自体を中止するのは寂しいかもしれませんから、「悪天候の場合は映画を見に行こう」など、別のプランを事前に考えておきましょう。

お相手が登山初心者なら無理せず休憩する

お相手が登山初心者の場合は、無理をさせないペースで楽しむことが大切です。

お相手を気遣う行動は印象も良く、お相手との距離をさらに縮められるはず。ペースを合わせて山を登ると、自然の景色や草花を話題にした会話をしながら盛り上がれますよ。

適宜休憩を入れながら、ゆっくりとしたペースで登るのも良いですね。

手をつなげるチャンスを逃さない

登山デートには、紳士的かつ自然に手をつなげるチャンスがあります。

登山する山にもよりますが、急な坂道や傾斜がある場所では、登ったり降ったりする場面で積極的にサポートしましょう。困ったときに手を差し伸べられたら、自然に手を握れますよね。ご自身が女性なら、お相手のたくましい姿にキュンとするでしょう。

自然と手をつなげるタイミングは逃さないようにしてください。

2人の思い出や景色を写真に残す

登山デートには、カメラを持参することをおすすめします。

山頂からの景色はもちろんのこと、中腹やふもとでの記念撮影も素敵な思い出として残ります。たとえ登山デートから何年経っても、写真を見るたびに当日の感情や気分を思い出すでしょう。

もちろんスマホのカメラでも構いませんが、もしも持っているのなら、一眼レフなどの本格カメラを持参してはいかがでしょうか。

山頂で山ごはんを作ってみる

山頂に登りきったら、2人で一緒に山ごはんにトライするのもいいアイデアです。山を登りきり、疲れ切った体でいただく山ごはんは、何気ないレシピでも格別の逸品になります。

たとえばウインナーやアヒージョなど、定番の山ごはんを作るのもいいですし、オムライスやお雑煮など、変わり種のレシピにチャレンジするのもいいでしょう。

いつもとは違う環境ですから、山頂でカップ麺を食べるのも人気です。

もちろん山ごはんは必須ではありませんが、より充実した登山デートにしたい方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

失敗しないために登山デートで注意したい6つのこと

トレッキングデートで注意したいこと

登山デートで誤った行動をとると、せっかくのデートが台無しになりかねません。登山デートを成功させるためにも、注意したいことを6つ紹介します。

登山デートの注意点

  • 体力に自信がなければハイレベルなコースは避ける
  • 着替えについては事前に確認する
  • トイレの場所を事前にチェックする
  • 自分勝手なペースで登らずお相手をフォローする
  • 疲れてきたら下山も視野に入れる
  • お互いの趣味でなければ付き合う前の登山デートは慎重に

体力に自信がなければハイレベルなコースは避ける

登山にはハイキングのようなコースから、本格的なハイレベルのルートまで、さまざまなコースが用意されています。

登山初心者や体力に自信がないのにもかかわらず、本格的なコースを選ぶと疲れるだけで楽しめないかもしれません。

また本格的な山を選ぶと、持ち物や服装も相応の準備が必要になります。登山グッズを持っていないのなら費用もかさむため、デート代を浮かせるためにもやさしいコースを選ぶのがおすすめです。

登山デートは、2人でのんびり自然を満喫しながら楽しむための時間です。ハイレベルなコースは避け、リラックスしながら登山できるコースを選びましょう。

着替えについては事前に確認する

登山が終わった後着替えたいかどうかは、事前にお相手に確認することをおすすめします。

選ぶ山や季節にもよりますが、斜面を登っていく登山では、汗をかくことがほとんどです。しかし山によっては、着替えるスペースが用意されていないことも…。

車の中やトイレで着替えることはできますが、あまり落ち着いて着替えられないはずです。

お相手に不便な想いをさせないためにも、登山デート前日までに着替えが必要かを確認するのがベターです。帰りに温泉に足を運び、汗もきれいに流すのもいいアイデアです。

トイレの場所を事前にチェックする

登山デートに行くのなら、事前にトイレの場所をチェックしておきましょう。山の麓や登っている途中にトイレがあるかはもちろんのこと、山へ向かう道中の位置も確認しておくのがベター。

登山デートの際は、自家用車で大自然の中を移動するため、一度トイレを過ぎると数10分トイレがないことも珍しくありません。

急にトイレに行きたくなったものの、しばらくトイレがない…なんてことにならないよう、事前に位置や間隔を把握しておくのが大切です。

この先しばらくトイレがないから、一応寄っておこうか」とスマートにエスコートしましょう。

自分勝手なペースで登らずお相手をフォローする

登山に慣れているからと言って、自分勝手なペースで登るのはNGです。

手をつなげるチャンスがなくなるのはもちろん、お相手を置いていってはデートとして成立しません。お相手が登山初心者や体力に自信がない人の場合は、なおさらお相手のペースに合わせることが必要でしょう。

もしあなたが登山の経験があったり、体力に自信があるのなら「きつくない?」「ペース落とそうか?」と、時折お相手の様子を言葉でフォローアップすることが大切です。

2人で一緒に登り切るためにも、お相手とのペースを合わせることを心がけましょう。

疲れてきたら下山も視野に入れる

登山デートで疲労が溜まってきたり、思い通りにいかなくなったりすると態度に出てしまいがち。そんなときにイライラして八つ当たりをすると、お相手に幻滅されるばかりか、雰囲気もぶち壊しになることも。

自然が広がる環境では、思いもしなかった状況に直面することも多いでしょう。もし疲れてきたのならば、「少し休憩しない?」と声をかけましょう。

好きなペースで楽しめることが山登りの魅力のひとつですから、登頂は難しそうだと判断したなら、途中で下山してもかまいません。

たとえ山頂まで登れなくても、自然の景色をぼんやりと眺めるだけで心地良い時間を過ごせるはずですよ。

お互いの趣味でなければ付き合う前の登山デートは慎重に

登りきれると達成感を味わえるため、お相手との距離を縮めるのに効果的です。山頂で告白するのも、ロマンチックなシチュエーションですよね。

しかし、付き合う前の登山デートはハイリスクの選択です。

天気に左右されたり渋滞に巻き込まれたりなど、不測の事態に振り回されやすく、微妙な雰囲気が流れることもあります。また体力の差がはっきりと表れるため、登頂できずに下山することになれば、モヤモヤとした気持ちが残るはずです。

お互い登山が好きだったり体力に自身があったりなど、特段の理由がない限りは、他の方法で少しずつ距離を縮めるのがベターです。

よくある質問

最後に、登山デートに関するよくある質問に回答します。

Q.登山デートに誘われたら脈あり?

気になるお相手に登山デートに誘われたのなら、脈ありの可能性は高いかもしれません。

ハードルの高い登山デートだからこそ、軽い気持ちで誘うことは少ないはず。あなたと長時間一緒にいたいからこそ、カフェでもなく映画でもなく登山に誘っていると考えられますよね。

付き合う前のデートには慎重になるべきではありますが、登山デートに誘われること自体はポジティブに捉えていいでしょう。

まとめ

登山デートは自然を満喫できるうえ、普段の生活では体験できない非日常的なデートプランです。

人混みが苦手な方はもちろん、ウォーキングだけでは物足りない人にもおすすめ。ただし特に初めて登山に行く場合はハイレベルなコースは避け、安定した天候の時に行くようにしてください。

場合によっては温泉やキャンプなども兼ねたプランを立てて、2人の距離がぐっと近づく登山デートを楽しみましょう。

あわせて他のアクティブなデートも検討したい方は、下記の記事も参考にしてくださいね。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る