ジムデートの魅力とは?付き合う前のカップルにはあり?

デート
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

ジムデートは、お互いに高め合いながら楽しめるデートプラン。

マシンの使い方を教えることで親密な雰囲気を作りやすく、付き合ったばかりのカップルにもおすすめです。お互いにトレーニングを見守り、応援し合いながら楽しめるため、いつものデートとは違う感覚を味わえるでしょう。

しかし「ジムデートは本当に楽しめるの?」「付き合う前のデートにはあり?」と疑問に思うかもしれません。

そこで当記事では、ジムデートの魅力や楽しみ方を紹介します。ジムデートの注意点も解説しますから、ぜひ参考にしてくださいね。

ジムデートの魅力

まずは、ジムデートの魅力を紹介します。具体的には下記の4点です。

ジムデートの魅力

  • 天候に左右されづらい
  • お互いに応援し合えるため、モチベーションを保ちやすい
  • 定期的に通えば会う機会が増える
  • 付き合う前のデートにもおすすめ

新鮮な気持ちを味わえるジムデートの魅力を、くわしく紹介します。

天候に左右されづらい

ジムデートの魅力は、天候に左右されづらく、予定が組みやすい点。

ジムは屋内にあることが一般的ですから、雨が降ってもトレーニングに取り組めます。気温に左右されることもないため、季節を問わず計画できますね。

またジムは、ショッピングモール内に設置されている場合もありますから、トレーニングの前後にショッピングや他のスポットとあわせて楽しむのもいいアイデアです。

お互いに応援し合えるため、モチベーションを保ちやすい

お互いに鼓舞し合いながら、絆を深められるのもジムデートの魅力のひとつです。

トレーニングは、決して楽なものではありません。つらいと感じることも多く、一人だとどうしても手を抜いてしまうこともありますよね。

しかしジムデートなら、お相手を見守り、応援し合いながらトレーニングできますから、つらさも和らぎ、モチベーションも高まることでしょう。

お相手があと一歩のところでくじけそうなときは、「もう少しだよ!ファイト!」と声をかけてはいかがでしょうか。

定期的に通えば会う機会が増える

もしカップルで定期的にジムに通うのなら、2人で会う機会が自然に増えます。もちろん月に1回でも十分ですが、本格的に鍛えるようになると週に数回一緒にジムデートすることも可能です。

ジムデートは、長くても2時間ほどで終わりますから、その後のデートにもつなげやすいのが魅力的。映画を観たりカフェで食事を摂ったりと、その他のデートのきっかけになるため、一緒にいる時間が増えていきます

長く一緒にいられる分お相手との仲も深まりやすいのが、ジムデートの魅力のひとつです。

付き合う前のデートにもおすすめ

ジムデートは、付き合う前のデートにもおすすめのプランです。

ジムでのトレーニングの経験がなければ、マシンの使い方すらわからないことがほとんど。器具の使い方を教えたり、正しいフォームを教えたりして、コミュニケーションが取りやすいのが魅力的です。

また自然とスキンシップも取りやすいため、お相手との距離も縮められるでしょう。

お相手がうまくできたときに「お疲れさま!」と優しく声をかけてあげると、ポジティブな印象を抱くはずですよ。

ジムデートにおすすめの服装や髪型

ここでは、ジムデートにおすすめな服装やコーデ、髪型を紹介します。

ジムデートを楽しむには、服装や髪型に気を遣うことも大切です。とくに初めてジムデートに行く方は、どのような服装を選ぶべきか迷うはず。

以下で紹介する服装や髪型を参考にして、ジムデートへ出かけてみてください。

ジムデートの服装や髪型

  • 初回は手持ちのTシャツでもOK
  • ロングヘアなら髪をまとめる
  • 吸水性の良いウェアとタオルを用意する

初回は手持ちのTシャツでもOK

ジムでは体を動かしますから、動きやすい格好がおすすめです。専用のトレーニングウェアを着るトレーニーも多いのですが、初回であれば手持ちのTシャツでもかまいません。

できるだけ柔らかく、伸縮性のある素材のTシャツを選ぶといいでしょう。汗をかくこともありますから、通気性のいいタイプだとばっちりです。

パンツは、動きやすい短パン1枚、もしくはトレーニングタイツとショートパンツを合わせたスタイルが定番です。ジムでは足を広げたり、足を使って器具を持ち上げたりしますから、伸び縮みするパンツを選ぶことをおすすめします。

ロングヘアなら髪をまとめる

ミディアムからロングヘアの方は、ジムデートでは髪をまとめるのがおすすめです。ジムではかがんだり寝そべったりすることがありますから、髪が長いとトレーニングの邪魔になることがあります。

ポニーテールやお団子ヘアにしてまとめておくと、邪魔になりづらいはず。てっぺんに近い位置で髪をまとめると、より邪魔にならないためぜひ参考にしてみてください。

なお、飾りのついたヘアゴムで結ぶと、トレーニング中に頭に当たって痛みを感じる場合があります。ジムデートで髪をまとめるときは、できるだけシンプルなヘアゴムを持参しましょう。

吸水性の良いウェアとタオルを用意する

ジムデートを思いっきり楽しむためにも、吸水性の良いウェアやタオルを用意することをおすすめします。

ジムではマシンを使って筋トレしたり、トレッドミルで走ったりするうちに、次第に汗をかいてきます。トレーニング中に汗をだらだら流しているよりも、さっとタオルで拭き取るほうが、お相手の印象は良いはずです。

ジムデートでは、爽やかさやヘルシーさをアピールすることも大切ですから、ぜひ汗への対策を用意してみてください。

ジムデートの楽しみ方

続いては、ジムデートの楽しみ方を紹介します。

ジムデートで楽しい思い出を作るためにも、以下の内容を把握しておきましょう。

ジムデートの楽しみ方

  • プライベート感を楽しみたいなら個室ジムやパーソナルジムを選ぶ
  • 空いている時間を狙う
  • お相手のトレーニングレベルに合わせる

プライベート感を楽しみたいなら個室ジムやパーソナルジムを選ぶ

プライベート感を楽しみたいなら、個室ジムやパーソナルジムを選びましょう。

個室ジムは、マンションの1室に用意されたトレーニングルームを貸し切りで利用できるジムのこと。2人で落ち着いて過ごしたい方から人気を集めています。

1対1のイメージのあるパーソナルジムも、ペアトレーニングができることも。

プライベートな空間であれば、通常のジムにくらべて声かけがしやすくなります。個室ジムなら、思いっきり褒めてあげたり、「頑張れ!」と活を入れたりするのにも適していますね。

またジムによっては、ペア割が設けられていることもありますから、よりお得に利用したい方はチェックしてみてください。

空いている時間を狙う

ジムデートを落ち着いて楽しみたい方は、空いている時間を狙うのがおすすめです。とくにトレーニング初心者であれば、人が多いと心から楽しめないかもしれません。

混雑具合は地域や日によって異なるためあくまでも目安ではありますが、平日なら昼過ぎか21時以降、休日なら昼から夕方にかけての時間帯を狙うとよいでしょう。

平日の早朝や17時〜21時のジムは、多くのビジネスマンで賑わっているため、思うように楽しめない場合があります。また休日も夕方以降の時間帯は混雑しやすいため、落ちついてジムデートを楽しみたい方には向きません。

より正確に空いている時間を狙いたいのなら、利用者の口コミやGoogleマップの混雑状況を参考にしてはいかがでしょうか。

お相手のトレーニングレベルに合わせる

ジムデートでは、お相手のトレーニングレベルに合わせることをおすすめします。

初心者にもかかわらず、いきなり高強度のトレーニングをすすめると、きっとジムデートが苦い思い出になることでしょう。

お相手がトレーニングに慣れていないのなら、まずは器具の選び方や使い方をひととおり伝え「どのマシン使ってみたい?」と、意思を尊重してあげましょう。

またお互いに目標を掲げて、トレーニングに励むのもいいアイデアです。たとえば「スクワット10キロ10回」や「ランニングマシンで20分走る」などの目標を掲げると、お互いにモチベーションも高まるはずですよ。

ジムデートの注意点

最後に、ジムデートの注意点を紹介します。

せっかくのジムデートを台無しにしないためにも、あらかじめ注意点を把握しておきましょう。

ジムデートの注意点

  • 料金ばかりに惑わされずジム選びは慎重に
  • デオドラントグッズでにおいに配慮する
  • トレーニング前の準備は念入りに

料金ばかりに惑わされずジム選びは慎重に

ジムを選ぶ際は、料金ばかりに惑わされず、ご自身に合ったジムを選ぶことをおすすめします。

ジムといっても、会員制スポーツジムや総合型フィットネスクラブ、パーソナルジム、公営ジムなど、さまざまな種類があります。

施設によって用途が異なるため、ジムデートをする場合はジムの形態やどのようなトレーニングができるかをチェックするとよいでしょう。ジムの違いがよくわからない方は、下記の基準を参考にしてみてください。

デートにおすすめのジムの選び方

  • 会員制スポーツジム…スタンダードなトレーニングを楽しみたい方
  • 総合型フィットネスクラブ…マシンだけでなくスタジオプログラムやプールも楽しみたい方
  • 個室ジム…よりプライベート感を味わいたい方
  • パーソナルジム…専属トレーナーから直接指導してほしい方
  • 公営ジム…マシンラインナップよりもリーズナブルな価格を重視する方

デオドラントグッズでにおいに配慮する

ジムデート後にも予定が控えているのなら、あらかじめデオドラントグッズを用意しておきましょう。

トレーニングするうちに、次第に汗をかいてきます。シャワールームが設けられているジムならば問題ありませんが、シャワーを利用できるとは限りません。

ジムデート後に食事する定番プランを楽しむためにも、制汗剤などのグッズを持参しましょう。

またどうしても汗が気になる場合は、シャワー室が完備されているジムを選ぶのも選択肢のひとつです。

トレーニング前の準備は念入りに

いきなり慣れない筋トレをすると、けがにつながる場合があります。ジムデートでは、トレーニングを始める前にお相手と一緒に準備運動を行うことをおすすめします。

たとえば2人の足の裏をくっつけ、手をつないで引っ張り合ったり、前屈で背中を押してもらったりなど、2人だからこそできる運動を取り入れると良いでしょう。

準備運動になるだけではなく、自然なスキンシップがとれるため一石二鳥ですよ。

ジムデートを楽しく終えるためにも、トレーニング前の準備を念入りに行いましょう。

まとめ

ジムデートは、お相手との絆を深めやすいデートプラン。トレーニングのやり方を教え合ったり、目標をクリアしたときに褒め合ったりと、自然と距離が縮まりやすいのが魅力です。

さらにジムデートは、これまで知らなかったお相手の一面を見られる機会でもあります。真剣に筋トレする姿や、息を切らしながらランニングする姿は、日常生活ではなかなか見られませんよね。

お互いにより理解を深めるためにも、ぜひジムデートを楽しんでくださいね。

他のアクティブデートも検討したい方は、下記の記事も参考にしてください。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る