マッチングアプリで告白されない理由7選

マッチングアプリ
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

「アプリでいい感じになっている男性がいるけれど、なかなか告白してくれない……」と悩んでいませんか?

この記事では、マッチングアプリで出会った男性になかなか告白されない理由と対処法について紹介します。

告白されない場合に見切りをつけるタイミングにも触れていますので、ぜひ最後まで読んで、次のステップに進むための参考にしてくださいね。

マッチングアプリで告白されない理由7選

マッチングアプリで出会った男性から告白されない理由

それでは、マッチングアプリで出会った男性がなかなか告白してこない理由について解説していきます。

以下いずれかに当てはまると思いますから、これまでのデートや会話の様子を振り返ってみて下さい。

告白されない理由7選

  1. 相手も告白されたいと思っている
  2. 相手が奥手である
  3. 決め手に欠けると思われている
  4. キープされている
  5. 結婚を考えて慎重になっている
  6. 相手が恋活や婚活に真剣ではない
  7. もう付き合っていると思われている

1. 相手も告白されたいと思っている

1. 相手も告白されたいと思っている

ご自身が「告白されないな」と思っているのと同様に、お相手も告白されたいと考えている可能性があります。

当社で実施したアンケート調査にて、男女500名に「告白したい派?されたい派?」とお聞きしたところ、下記の結果になりました。

告白したい派?されたい派?調査グラフ

女性側の「告白されたい派」が93%いらっしゃるのは想定の範囲内ですが、意外と男性側の「告白されたい派」も53%と多数派という結果に。

「なかなか告白されない」とヤキモキしているなら、思い切って告白してしまうのもアリかもしれません。

2. 相手が奥手である

2. 相手が奥手である

お相手の男性が奥手な性格の場合、なかなか告白されないことがあります。「告白されたい派」の可能性もありますね。

マッチングアプリは、恋愛経験が少ない男性も多く使用しています。特にそのような男性は、自分からアプローチするのに慣れていない可能性が高いのです。

そんな奥手な男性から告白してもらうには、女性側から積極的にアプローチすることを検討しましょう。告白してしまっても良いかもしれません。

3. 決め手に欠けると思われている

3. 決め手に欠けると思われている

お相手の男性が「告白したらOKしてくれそうだ」と確信を持てない場合、やはりなかなか告白されない時期が続きます。

この場合、とにかく「私は全然OKですよ!」とわかりやすいサインを出すことをおすすめします。

例えばボディタッチを増やしてみたり、積極的に会おうとしてみたり、夜遅くまで飲みに付き合ってみたりと、男性側に「なんかいけそうな気がする!」と思わせていきましょう。

4. キープされている

4. キープされている

男性が他の女性と同時進行しており、キープされている可能性も考えられます。

マッチングアプリの出会いにおいて、特定のお相手と付き合うまでは同時進行するのはよくあること。これは男女お互いに理解しておく必要があります。

特に男性側がさほど忙しそうでもないのにデート頻度が少ない場合は、他の女性と同時進行されている可能性が考えられます。

この場合に早く告白したい場合は「早くしないと売り切れちゃいますよ」とライバルを匂わせるなど、駆け引きも必要になってくるかもしれません。

5. 結婚を考えて慎重になっている

5. 結婚を考えて慎重になっている

男性側が真剣に結婚を考えている場合も、告白のタイミングが遅くなりがちです。

男性が「次に付き合う人とは結婚を前提に考えていきたい」と思うほど、本当に告白して良いのか、もう少し検討したほうが良いのか、と慎重になってしまいます。

この場合は急かすと逆効果になる可能性もありますから、もし婚活目的で出会いを探しているお相手であれば、じっくりとデートを重ねていくのも良いのではないでしょうか。

6. 相手が恋活や婚活に真剣ではない

6. 相手が恋活や婚活に真剣ではない

男性が恋活や婚活に真剣ではないときも、告白してこない理由の一つ。もしすでに身体の関係を持っているなら「都合のいい関係」と思われている可能性もあります。

もちろんケースバイケースではありますが、そもそもお相手が何を目的にアプリを使っていて、現状どう考えているのか、あらためて話をしてみることをおすすめします。

7. もう付き合っていると思われている

7. もう付き合っていると思われている

何度かデートを重ねたら「告白はしていないけれど、もう付き合っている状態」と認識する男性もいます。

この場合、そもそも男性側が告白する必要性を感じていないため、放っておくと告白されることはないでしょう。

判断が難しいのですが、まるで恋人のような雰囲気を出してくるのに告白してこない場合は「私たちってどういう関係?」と思い切って尋ねてみることをおすすめします。

マッチングアプリで告白されないときの対処法

マッチングアプリで男性から告白されないときの対処法

次に、告白されないときにチャレンジした具体的な対処法をご紹介していきます。

もちろんケースバイケースではありますが、できそうなことを試してみて下さい。

  • わかりやすく好意を伝える
  • 他の異性の影を匂わせる
  • イメチェンしてみる

わかりやすく好意を伝える

わかりやすく好意を伝える

男性から告白されたいのなら、とにかく男性側にわかりやすく好意を伝えてみましょう

「○○さんと一緒にいると落ち着く」「○○さんと一緒にいると楽しい」など、ちょっと普段では言わないようなことを「あえて言う」のが大切です。

男性側に「いける気がする」と思わせるのが目的ですから、鈍感な人や奥手な人でも自信を持てそうなアプローチをしていきましょう。

お相手に気持ちがあるなら、きっと告白してくれるはずですよ。

他の男性の影を匂わせる

他の男性の影を匂わせる

これは上級者向けで、なおかつリスクもありますが「ライバルの存在を匂わせる」のもアリです。

ただし嫉妬させる方向性ではなく、例えば「他の男の子からもデートに誘われたけど、○○さんといる方が楽しいから断っちゃった」といった内容で「モテるけど今なら空いてますよ」と伝わるような手法を検討して下さい。

やりすぎは禁物ですが、よきタイミングを見計らって取り入れてみましょう。

イメチェンしてみる

イメチェンしてみる

髪型や服装などを思い切ってイメチェンしてみるのもアリです。

男性側からすると「もしかして何かあったのか?」と気になりますし、普段と雰囲気が変わるだけでもちょっとドキドキするものです。

ご自身の気分転換にもなりますし、あまりデメリットのない方法ですね。

美容師さんに相談して思い切って髪型を変えてみたり、メイク講座を受けてみたりと、ぜひプロに頼ってイメチェンしてみて下さい。

マッチングアプリで告白されないときに見切りをつける目安

マッチングアプリで男性から告白されないときに見切りをつけるタイミングは?

なかなか告白されない場合に、見切りをつけるタイミングをご紹介しておきます。

ただし、恋のペースや形は人それぞれです。あくまで参考程度にご覧ください。

デート3回目までは二人の相性を見定めてみて

マッチングアプリの出会いにおいて、告白されるタイミングは3回目以降のデートの場合が多い傾向にあります。少なくとも3回〜5回くらいまでは、見切りをつけずに楽しく会ってみることをおすすめします。

今回エンスポーツにて「マッチングアプリで出会った相手と付き合うか判断するのに必要なデート回数」を300名の男女にお聞きしたところ、約65%の方が「3回目」と回答しました。

男女どちらも、ほぼ同じ割合です。

出会った相手と付き合うか判断するのにひつよなデート回数

よって「なかなか告白されないな」と考えるのは、少なくとも3回目のデート以降にしましょう。もし今回が3回目のデートだったなら「よし、次のデートで告白しよう!」と決意しているかもしれません。

デート5回目以降が見切りをつける目安

マッチングアプリにおける出会いであれば、一つの目安として「5回目のデート」を見切りをつけるタイミングにしてみて下さい。

前項でお出しした調査結果では、回答者の99%の方が「5回以下のデート回数で付き合うか否か判断する」と回答しています。5回目のデート以降でもなかなか告白されないなら、何かしらの行き違いや、考え方の齟齬がある可能性が考えられます。

無理にお付き合いに進んでも、今後同じようなことでヤキモキする可能性がありますから、スパッと見切りをつけて次に進んでも良いかもしれません。

もちろんご自身のお気持ち次第ですし、ケースバイケースではありますが、どこかのタイミングで見切りをつけるのも検討してみて下さい。

マッチングアプリで告白されないなら、まずはもう一押ししてみて

マッチングアプリで出会った男性がなかなか告白してこないなら、基本的にはもっとわかりやすくアプローチするのが良い対処法になります。

男性側が「いけそうな気がする」と思わなければ告白されるのは難しいため、奥手で鈍感な男性でもわかるような好意の見せ方を考えてみて下さい。

並行してお相手候補を探し始めても良いと思いますし、ある程度ご自身の中で見切りをつけるタイミングも検討しながら、便利にマッチングアプリを利用していってくださいね。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る