マッチングアプリで2通目以降メッセージを続けるコツ。例文や注意点も掲載!

マッチングアプリ
ENSPORTS magazine編集部
ENSPORTS magazine編集部

マッチングアプリでメッセージのやり取りを続ける上で、意外と大切なのが「2通目」の内容です。

ファーストメッセージが重要なのは当然ですが、実は2通目の内容をきっかけに返信しなくなるケースも、意外と多いことがわかっています。

もし「マッチングアプリのやり取りが上手く続かないことが多い」とお悩みでしたら、一度当記事の内容を参考に「2通目」のメッセージ内容を改善していきましょう。

※もし「1通目」から返信がもらえない場合、下記の記事もご覧ください。

マッチングアプリで2通目のメッセージは重要!

マッチングアプリにおいて、2通目のメッセージは「その後のやりとりを続けるか判断する登竜門」のような役割を担っています。

今回ENSPORTSでは、マッチングアプリ利用経験のある男女300名に「2通目以降のメッセージに返信しなくなることはありましたか?」と尋ねました。その結果217名、実に70%以上の方が「たまにあった」「よくあった」と回答しています。

なお「たまにあった or よくあった」と回答した割合は男性が59%、女性は81%と男女差も大きく、特に女性側に2通目のメッセージを重要視する人が多い傾向にありました。

これには、1通目のメッセージを男性から送るケースの多さが関係していると考えられます。

2通目の返信が来なくなる流れの一例

  1. 男性がファーストメッセージを送る
  2. 女性が返信する
  3. その返信に対して、男性側が急に距離を詰めるような内容を送る
  4. 女性が「またこの感じか」と思って、返信せずやり取りが終わる

例えば2通目の返信でいきなりタメ口を使ってしまったり、急に連絡先を聞いてしまったり、いきなり「遊ばない?」と誘ってしまったりすると、返信されにくくなります。

2通目のメッセージこそ、お相手が返信したいと思えるような内容を考えていきましょう。

マッチングアプリで2通目以降のメッセージに返信がこなくなる理由

次に、2通目のメッセージに返信がこなくなる主な理由を5つご紹介していきます。

お相手とのメッセージ内容を振り返りながら、意図せず同じようなことをしてしまっていないか確認してみて下さい。

急にタメ口を使っている

急にタメ口を使っている

返信が来なくなる原因として多いのが、タメ口のメッセージです。

1通目に返信をもらったことに気を良くして、2通目のメッセージで急に距離を詰めようとしたことで失敗する。どうやらそんな男性が多いようです。

下記のグラフをご覧ください。

マッチングアプリ利用経験のある男女300名に「初めからタメ口を使われるのはありですか?」とお聞きしたところ、女性のほとんどが「ナシ」と回答しました。一方で男性は40%近くの人が「アリ」と回答しており、男女の意識差が大きくあらわれる結果になっています。

心当たりがある方は、仲良くなるまでタメ口でやりとりをするのを封印してみて下さい。

話題を振っていない

話題を振っていない

2通目のメッセージで、お相手が返しやすいような話題を振っていないのも、返信が来ない理由のひとつです。

仮にお相手のプロフィールに書いてある映画の話題から入ったのであれば「あの映画面白いですよね!」と終わらせてはいけません。「〇〇さんはどのシーンに感動しましたか?僕は〜〜のシーンが大好きです!」と、お相手が答えやすいような質問を入れてみて下さい。

返信してもらいやすい状況を、自ら作っていきましょう。

写真の送付・連絡先の交換を要求している

写真の送付・連絡先の交換を要求している

2通目のメッセージで写真や連絡先の交換を要求してしまうのも、返信がもらえなくなる原因の一つです。

場合によっては「外部SNSなどに誘導しようとしている」「不特定多数の人の写真を集めようとしている」といった理由で通報される可能性すらある行為ですから、心当たりがあれば控えるようにして下さい。

写真や連絡先は、実際に会う段階になってから、お互いに必要なら交換すると良いでしょう。

いきなりデートに誘っている

いきなりデートに誘っている

2通目のメッセージでいきなりデートに誘うのも、返信が止まってしまう原因になり得ます。

マッチングアプリ利用経験のある男女300名に「マッチングしてから会うまでの、ちょうど良いと思う期間」について伺ったところ、大多数の方が「1週間〜2週間」「2週間〜1ヶ月」程度と回答しました。

少なくとも2通目のメッセージでデートに誘うのは、一般的な感覚と比べると性急です。

まずはお互いの趣味や人となりを知るために、ある程度のやり取りを重ねてから、デートの約束をすると良いでしょう。

個人的な話に踏み込んでいる

個人的な話に踏み込んでいる

2通目のメッセージで個人的な話に踏み込んでしまうのも、お相手を警戒させてしまう原因になります。

例えば下記のような話題は、せめて関係性を深めてから聞くようにしましょう。

2通目では避けた方が良い話題

  • 住んでいる地域の詳細
  • 具体的な職業
  • 離婚してしまった理由
  • 年収や支出などのお財布事情

上記はいずれも個人に深く関わる話題であり、知らない相手に明かしたいと思う人は少数派です。

まずは人となりや趣味の部分がわかるような内容で、じっくりとやりとりを進めてみてはいかがでしょうか。

マッチングアプリで2通目以降メッセージを続けるコツ

では返信をもらいやすい2通目のメッセージ内容はどのようなものなのでしょうか。

前提として「急に距離を詰めるような話題」「個人情報を聞き出すような話題」は避けて下さい。その上で、ちょっとした感謝や気持ちを伝えることを意識することをおすすめします。

まずはお互いに気持ちの良いやり取りができるよう、細かい部分を見直してみて下さい。

返信をもらえたことへの感謝の気持ちを添える 

返信をもらえたことへの感謝の気持ちを添える 

ぜひ実践していただきたいコツは、返信をもらえたことへの感謝の気持ちを添えることです。

丁寧さや誠実さは、マッチングアプリでやり取りをする上で「良い人だな」と思ってもらうための大切なポイントです。2通目のメッセージに、例えば下記のような一言を添えてみてはいかがでしょうか。

例文

  • お忙しいところ、返信くださってありがとうございます。
  • 返信いただけて嬉しいです!
  • ぜひ○○さんとお話したいと思っていましたので、返信くださって嬉しいです

サラリーマン同士のやり取りほど畏まってしまうのは考えものですが、ちょっとした感謝を伝えられて悪い気がする人はほぼいません。

ちょっとしたことですが、ぜひ試してみて下さい。

お相手に興味をもった理由を説明する 

お相手に興味をもった理由を説明する 

お相手に興味をもったきっかけや理由を伝えることも、返信をもらうために有効な手段のひとつです。

多くの方とマッチングするほど、テンプレート的なメッセージのやり取りが多くなりがちですが、小さなことでもしっかり自分の言葉で伝えることが大切です。

例文

  • ちなみに僕も○○に住んでいたことがあります!今は隣町に引っ越しましたが、地元だから親近感が湧きました。
  • ○○さんの笑顔が素敵すぎたのでメッセージさせてもらいました。
  • 実は○○コミュニティでたまに発言されるのをみていて、楽しそうな方だなと思っていました!

プロフィール文や写真、入っているコミュニティなどをもとに、お相手に興味を持ったきっかけを伝えてみてはいかがでしょうか。

こだわりがありそうなポイントに興味を示す 

こだわりがありそうなポイントに興味を示す 

お相手がこだわっていそうなポイントに興味を示すのも、返信をもらいやすくするテクニックです。

例えば何気ないプロフィール写真ひとつとっても、細かく見てみると、様々なポイントが見えてきます。

例文

  • プロフ写真のネイル、めっちゃおしゃれですね。
  • 僕もバレンシアガが好きで、同じキャップ持ってます!
  • インナーカラーすごい綺麗ですね。珍しい色で素敵です。

ざっくりと「かわいいですね」とか「タイプです」などと伝えるよりも、細かい部分にピンポイントで話題を振った方が「自分のことをしっかり見てくれている」と感じてもらいやすい傾向にあります。

写真に載せているものや自己紹介文で強調している内容から、お相手がこだわっていそうなポイントを探してみると良いでしょう。

共通点を話題にする 

共通点を話題にする 

共通点を話題にすることで、親近感をもってもらいやすくなります。その親近感は、返信をもらうための大きな武器になるでしょう。

例えば下記のように、プロフィール文などから共通点を読み取って話題にしてみてはいかがでしょうか。

例文

  • 僕もアパレルです!セール前だから大変ですよね……。
  • プロフにある料理の写真みました。素敵ですね。僕も最近料理にハマってますので、ぜひお話ししたいです。(昨日はキッシュに挑戦しました)
  • 自分も○○さんと同じく、毎朝ランニングしています。最近は気温的にも走りやすくなってきましたね。

総じて、お相手に興味を持ってメッセージを送ることが大切です。

誰もに共通するようなメッセージ内容ではなく、あくまで「自分」に興味を持ってくれているとわかる内容の方が、受け取った方も嬉しいに決まっていますよね。

まずはお相手のプロフィールなどをよく見た上で、喜んでもらえるような素敵なメッセージを考えてみて下さい。

マッチングアプリで2通目以降のメッセージに返信がない場合の対処法

では気になる方から実際に2通目の返信がこなかったときは、どうすれば良いのでしょうか。

例えば1日返信が来なかったからといって、すぐに追撃するのはおすすめできません。お相手のペースもありますから、まずはある程度の期間を置くのが大切です。

もちろんケースバイケースではありますが、一つの目安として対処法をご紹介します。

まず3日くらいは様子を見る

まずは焦らずに、3日程度は様子を見ましょう。

お相手によっては「ちょっと考えてからちゃんとメッセージを返そう」と思って、そのまま忘れてしまった……なんて状況も考えられます。

そこで追撃してしまうと「せっかちな人だな」とあまり良い印象になりませんので、一度メッセージを送ったら、少し落ち着いて様子を見ることをおすすめします。

3日待ってこなければ、追加で一度だけメッセージを送ってみる

3日間ほど待ってみても返信がこなければ、一度だけ追加でメッセージを送って反応を見ましょう。

ファーストメッセージに返信がない場合はほぼ完全に脈なしですが、一度返信をもらえていたなら、まだ希望が持てます。

「メッセージが埋もれていた」「急に忙しくなった」「返したつもりで忘れていた」などの状況だったなら、きっと返信がもらえるはずです。

なお追加のメッセージは、夜中や早朝などではなく、一般的にアプリにログインしやすい昼休みや夕方過ぎあたりの時間帯を狙って送ってみると良いかもしれません。時系列順にメッセージが表示されることがほとんどですので、他の方のメッセージに埋もれにくくなりますよ。

それでも返信がなければ諦める

追加のメッセージに返信がないのなら、諦めて別のお相手を探した方が良いかもしれません。

2通続けて返信がないなら、残念ながら意図的に返信をしていない可能性が高いと言えます。仮に意図していなかったとしても、色々とタイミングが噛み合っていないのは明白で、このまま連絡を続けても良い結果になるとは思えません。

より素敵な方と出会えることを目指して、根気よくマッチングアプリを利用してみて下さい。

もし追撃して送る場合は、一旦忘れて1ヶ月くらい間を空けてからにしてみてください。

まとめ

マッチングアプリにおける「2通目」のメッセージは、お相手との今後の関係性を左右する大切なものです。お互いに楽しくやり取りができるメッセージを考えてみて下さい。

基本的には「お相手に興味を示して、返信しやすい話題を振ってみる」というところが大切です。

ぜひお一人お一人と真剣に向き合って、良い出会いを探していって下さいね。

ENSPORTS magazine編集部

記事を書いた人

ENSPORTS magazine編集部

ENSPORTS magazine(エンスポーツマガジン)は「スポーツで繋がる出会い」をコンセプトに運営する恋愛スポーツメディアです。スポーツと恋愛に関する情報をお伝えしていきます。

一覧に戻る